×
284
求人
TOKYO BASE
経理
正社員 · 東京都
FENDI
デジタル マネージャー
正社員 · 東京都
H&M
Content Production Manager
正社員 · SHIBUYA CITY
SHIRO
【Shiro】法務担当(シニア採用)
正社員 · 東京都
SHIRO
砂川本社 化粧品製造ライン責任者候補(無期社員)
正社員 · 北海道
SHIRO
【Shiro】営業(Btob)
正社員 · 東京都
SHISEIDO
Global Social Media/Influencer Marketing Manager, Cle de Peau Beaute Global Brand Unit
正社員 · Tokyo
NIKE
Digital Performance Marketing Manager, Nike.Com/ Nike App
正社員 · Tokyo
JORDAN
Japan - Brand Marketing Manager (Jordan)
正社員 · TOKYO
NIKE
Japan - Digital Loss Prevention & Payment Manager
正社員 · Tokyo
NEW ERA
デジタルマーケティング スペシャリスト/プロフェッショナル(正社員)
正社員 · 東京都
GUCCI
Gucci Digital Business Performance& Analytics Senior Manager
正社員 · 東京都
GUCCI
バックオフィス スペシャリスト
正社員 · 東京都
VAN CLEEF & ARPELS
Van Cleef & Arpels ブティックオペレーション / 都内エリア
正社員 · 東京都
L'OREAL GROUP
Japan Demand Planner
正社員 · Tokyo
L'OREAL GROUP
Japan (Senior) Product Manager (Shu Uemura International)
正社員 · Tokyo
L'OREAL GROUP
Japan CRM Digital Product Manager (Luxe)
正社員 · Tokyo
L'OREAL GROUP
Japan Legal Counsel
正社員 · Tokyo
L'OREAL GROUP
Japan Brand Communication Manager (Ppd, Kerastase)
正社員 · Tokyo
NIKE
Art Director, Japan
正社員 · Tokyo
NIKE
Japan - Site Merchandising Manager
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Manager / Staff, Strategy Group, Sustainability Strategy Acceleration Dept
正社員 · Tokyo
掲載日
2020/01/14
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

ミラノ、ピッティ:2020年秋冬メンズトレンド

掲載日
2020/01/14

 フィレンツェの「ピッティ・ウオモ(Pitti Uomo)」からミラノ ファッションウィークまで、イタリアのメンズシーズンで見られたのはよりドレッシィな男性像だ。

Dolce & Gabbana - Fall-Winter 2020 - Menswear - Milan - © PixelFormula

 
 アーティザナルなアイテムが目立った今シーズン。特にペザントセーターやブーツなど、少しカントリーな要素を取り入れるスタイルも。
 
 一方で、パーツ別に取り外せるテーラードやオーバーサイズのウィークエンドバッグといった"エスケープ"トレンドも目についた。

 
ボリュームコート
 

 「ジョルジオ・アルマーニ(Giorgio Armani)」のシアリングやパッファージャケット、「フェンディ(Fendi)」のAラインコートなど、ボリューム感のあるアウターが来シーズンの主流アイテムに。「プラダ(Prada)」は大振りなチェックで提案したほか、「エトロ(Etro)」のブランケットコート、「ミッソーニ(Missoni)」のマーク・ロスコ調カラーのエコファー、「ゼニア(Zegna)」のウールコートなど、主張のあるデザインも登場している。中でもオーバーサイズのシルエットが目を引いたのは「ドルチェ&ガッバーナ(Dolce & Gabbana)」で、床を引きずるほど長いダブルフェースのシアリングコートは、8インチのラペルで仕立てた。
 
 
ビッグニット
 
 「ドルチェ&ガッバーナ」が見せたビッグサイズのケーブルセーターは、親指ほどの太さのハイパーローゲージだった。「フェンディ」もケーブルニットのロゴマフラーを提案し、「サルヴァトーレ・フェラガモ(Salvatore Ferragamo)」のショーでも冬のマウンテンリゾートにぴったりなニットが目立った。

Salvatore Ferragamo - Fall-Winter 2020 - Menswear - Milan - © PixelFormula

 
ソリッドかつ軽量なシューズ
 
 「プラダ」から「ステラ マッカートニー(Stella McCartney)」、「フェンディ」まで、多くのブランドがソールの厚いブーツを足元に合わせていた。しかし、持ってみると以外にも重量は軽い。「ステラ マッカートニー」の水に浮くようなモデルはもちろん、「トッズ(Tod’s)」の「No_Code」スニーカーはなんと300グラム以下という軽量化を実現している。
 
 
コーデュロイがリバイバル
 

 畝の太さや質感も様々に、コーデュロイが表舞台にカムバックを果たした。特に「ブルネロ クチネリ(Brunello Cucinelli)」は、クチネリ氏本人もディナーパーティーやショールームにホワイトのコーデュロイジャケットを纏って現れた。
 
 
デタッチャブルテーラード

 
 トリプルレイヤーのコートを、マホガニー、キャメル、ベージュのミンクで仕立てた「フェンディ」をはじめ、複数のパーツで構成されたコートを提案した「サルヴァトーレ・フェラガモ」も。

Fendi - Fall-Winter 2020 - Menswear - Milan - © PixelFormula


ロゴ熱は加速
 
 「フェンディ」から「エンポリオ・アルマーニ(Emporio Armani)」の「R-EA(Recycled Emporio Armani)」にいたるまで、今シーズンはロゴがランウェイを席巻した。「ステラ マッカートニー」も、トレンチの背中にブランドロゴとロンドン旗艦店の住所をあしらっている。
 
 
ブライトカラー復活
 
 カジュアルからハイブランドまで、鮮やかなカラーが目を引いた。「トム・フォード(Tom Ford)」はシャーベットピンクのディアスキンブルゾンにサテンスーツを、アウターブランド「K-Way」はバブルガムカラーのナイロンパーカやパッカブルウィンドブレーカーを提案した。
 

不許複製・禁無断転載
© 2022 FashionNetwork.com