×
135
求人
NIKE
j30 Project Management Office Manager
正社員 · Tokyo
NIKE
Japan - Team Sales Manager
正社員 · Tokyo
PUMA
HR Business Partnering
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Global Controlling Specialist, Financial Accounting Dept
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Manager, Product Innovation Group, The Ginza Global Brand Unit
正社員 · Minato City
SHISEIDO
Manager of Microbial Quality
正社員 · Yokohama
SHISEIDO
Finance Manager
正社員 · Minato City
NIKE
Operations & Logistics Technical Business Systems Analyst, Global Technology - Japan
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Manager / Brand Associate, Category Extension Group, Marketing Dept., Sgbu
正社員 · Minato City
SHISEIDO
Manager / Brand Associate, Makeup Group, Shiseido Global Brand Unit
正社員 · Minato City
SHISEIDO
Assistant Brand Manager, Brand Development China/tr/New Market g, Anessa Global Brand Unit
正社員 · Minato City
SHISEIDO
Manager / Staff, Financial Planning & Analysis, Baum Global Brand Unit
正社員 · Tokyo
L'OREAL GROUP
Japan Digital Project Manager (Shu Uemura International)
正社員 · Tokyo
NIKE
Director, Consumer, Marketplace And Marketing Technology - Japan
正社員 · Tokyo
NIKE
Technology Manager, Digital Transformation Program Office (Dtpo)
正社員 · Tokyo
NIKE
Japan - 365 Creative Director
正社員 · Tokyo
L'OREAL GROUP
Japan Demand Planner
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Category Buyer
正社員 · Tokyo
L'OREAL GROUP
Japan Retail Supply Chain Planner
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
R&D Manager, Global Professional Business Div. Shiseido Professional Brand Unit
正社員 · Yokohama
SHISEIDO
Business Intelligence & Strategy Analyst / Manager
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Marketing Manager/ Specialist, Global Professional Premium Hair Care Brand
正社員 · Tokyo
掲載日
2016/10/07
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

資生堂、新たなEMEA戦略を発表 フレグランスの世界シェア9%を目指す

掲載日
2016/10/07

 資生堂は10月7日、EMEA(欧州、中東、アフリカ地域)における新たな戦略を発表した。中期計画「Vision 2020」に基づき、ライセンスによるフレグランス事業と「One Shiseido」としてのアイデンティティ強化を軸に展開する。

ルイ・デサザール 資生堂EMEA社長CEO - Shiseido


 資生堂はグローバルブランドとして成長するにあたり、スキンケアは日本、メーキャップおよびデジタルマーケティングは米国、フレグランスはフランスと、それぞれのカテゴリーに応じた拠点を築き、全世界のマーケティングに生かす「センター・オブ・エクセレンス(Center of Excellence)」構想を取り入れている。

 EMEA地域で特に重要な位置づけとなるフレグランス市場においては、資生堂のシェアは現在世界で5.8%となっているが、これを5年後には9%にまで拡大する計画だと、資生堂EMEAのルイ・デサザール(Louis Desazars)CEO。また、スキンケア・メーキャップ・フレグランスを含む化粧品市場におけるEMEA地域のシェアも、現在の8位から5位にまで引き上げる考えだという。

 今年7月には「ドルチェ&ガッバーナ(Dolce&Gabbana)」のフレグランスとメーキャップ・スキンケア商品の開発、生産および販売に関する独占グローバルライセンスを獲得した資生堂グループ。主力のフレグランスは勿論、メーキャップやスキンケアを含めた商品ラインも強化することで、15年時点で4億ユーロ(約460億円)だった同ブランドのフレグランス・化粧品の売上を、今後10年間で10億ユーロ(約1150億円)まで伸ばす予定だ。
 
 資生堂の16年上期売上高は5.5%増の4123億円、欧州では「ジャンポール・ゴルチエ(Jean-Paul Gaultier)」のライセンス終了の影響を受け、11%減の390億円となった。通期に関しては、売上高8480億円を見込む。
 

(2016年10月7日現在、1ユーロ=115円で換算)
 

不許複製・禁無断転載
© 2021 FashionNetwork.com