×
284
求人
TOKYO BASE
経理
正社員 · 東京都
FENDI
デジタル マネージャー
正社員 · 東京都
H&M
Content Production Manager
正社員 · SHIBUYA CITY
SHIRO
【Shiro】法務担当(シニア採用)
正社員 · 東京都
SHIRO
砂川本社 化粧品製造ライン責任者候補(無期社員)
正社員 · 北海道
SHIRO
【Shiro】営業(Btob)
正社員 · 東京都
SHISEIDO
Global Social Media/Influencer Marketing Manager, Cle de Peau Beaute Global Brand Unit
正社員 · Tokyo
NIKE
Digital Performance Marketing Manager, Nike.Com/ Nike App
正社員 · Tokyo
JORDAN
Japan - Brand Marketing Manager (Jordan)
正社員 · TOKYO
NIKE
Japan - Digital Loss Prevention & Payment Manager
正社員 · Tokyo
NEW ERA
デジタルマーケティング スペシャリスト/プロフェッショナル(正社員)
正社員 · 東京都
GUCCI
Gucci Digital Business Performance& Analytics Senior Manager
正社員 · 東京都
GUCCI
バックオフィス スペシャリスト
正社員 · 東京都
VAN CLEEF & ARPELS
Van Cleef & Arpels ブティックオペレーション / 都内エリア
正社員 · 東京都
L'OREAL GROUP
Japan Demand Planner
正社員 · Tokyo
L'OREAL GROUP
Japan (Senior) Product Manager (Shu Uemura International)
正社員 · Tokyo
L'OREAL GROUP
Japan CRM Digital Product Manager (Luxe)
正社員 · Tokyo
L'OREAL GROUP
Japan Legal Counsel
正社員 · Tokyo
L'OREAL GROUP
Japan Brand Communication Manager (Ppd, Kerastase)
正社員 · Tokyo
NIKE
Art Director, Japan
正社員 · Tokyo
NIKE
Japan - Site Merchandising Manager
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Manager / Staff, Strategy Group, Sustainability Strategy Acceleration Dept
正社員 · Tokyo
掲載日
2018/05/29
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

資生堂、元LVMHの人材をフレグランス事業トップに

掲載日
2018/05/29

 資生堂が、元LVMHのイザベル・ジェックス(Isabelle Gex)をグローバルフレグランス プレジデントに任命した。6月11日付で着任する。

DR


 現在、自身が立ち上げたStratlux社のCEOとして、ラグジュアリー・ファッション・アートの分野のスタートアップ企業をコーチングする事業を展開しているジェックス氏。2001年〜17年の間はLVMHグループのもとで、ジバンシィ パルファム(Givenchy Parfum)のデピュティジェネラルマネージャー、グループのインターナショナルリュックス パルファム部門グローバルプレジデントのほか、M&A部門シニアアドバイザーを務めた。また、それ以前には、シャネル(Chanel)のフレグランス&ビューティー部門インターナショナルマーケティングディレクターの経験もある。
 
 資生堂では、同氏は「ドルチェ&ガッバーナ(Dolce&Gabbana)」、「ナルシソ・ロドリゲス(Narciso Rodriguez)」、「イッセイ・ミヤケ(Issey Miyake)」、「エリー・サーブ(Elie Saab)」、「ザディグ・エ・ヴォルテール(Zadig&Voltaire)」、「アライア(Alaïa)」といったブランドとのライセンスや、唯一独立した経営を続けている「セルジュ・ルタンス(Serge Lutens)」のフレグランス事業を統括することになる。資生堂EMEAを拠点に、魚谷雅彦社長兼CEOとフランク・マリリー(Franck Marilly)EMEA社長CEOに直接レポートし、ブランドM&Aやライセンス拡大などを目指すほか、パリにある「フレグランス センター・オブ・エクセレンス」も指揮する予定だ。

 全世界のフレグランス市場で資生堂が占める割合は、2016年時点では5.8%にとどまっているが、中長期戦略「Vision 2020」において、同社は2020年のシェア9%獲得を目標に掲げている。
 

 

不許複製・禁無断転載
© 2022 FashionNetwork.com