×
137
求人
NIKE
Japan - Assistant General Counsel - Privacy & Security
正社員 · Tokyo
PUMA
Cpg Sales Executive
正社員 · Tokyo
NIKE
j30 Operations Technology Manager
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Manager, Brand Marketing For Effectim
正社員 · Tokyo
NIKE
Japan - Commercial Finance Director
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Associated Brand Manager, Brand Development Asia g, Elixir Global Brand Unit
正社員 · Tokyo
NIKE
j30 Project Management Office Manager
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Manager, Product Innovation Group, The Ginza Global Brand Unit
正社員 · Minato City
SHISEIDO
Manager of Microbial Quality
正社員 · Yokohama
SHISEIDO
Finance Manager
正社員 · Minato City
SHISEIDO
Manager / Brand Associate, Makeup Group, Shiseido Global Brand Unit
正社員 · Minato City
SHISEIDO
Assistant Brand Manager, Brand Development China/tr/New Market g, Anessa Global Brand Unit
正社員 · Minato City
SHISEIDO
Manager / Staff, Financial Planning & Analysis, Baum Global Brand Unit
正社員 · Tokyo
L'OREAL GROUP
Japan Digital Project Manager (Shu Uemura International)
正社員 · Tokyo
NIKE
Director, Consumer, Marketplace And Marketing Technology - Japan
正社員 · Tokyo
NIKE
Technology Manager, Digital Transformation Program Office (Dtpo)
正社員 · Tokyo
L'OREAL GROUP
Japan Demand Planner
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Category Buyer
正社員 · Tokyo
L'OREAL GROUP
Japan Retail Supply Chain Planner
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
R&D Manager, Global Professional Business Div. Shiseido Professional Brand Unit
正社員 · Yokohama
SHISEIDO
Business Intelligence & Strategy Analyst / Manager
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Marketing Manager/ Specialist, Global Professional Premium Hair Care Brand
正社員 · Tokyo
By
Reuters API
掲載日
2019/03/18
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

プラダ、2018年度は4年ぶりの増収 シーズン末のセールは中止する意向

By
Reuters API
掲載日
2019/03/18

 プラダ(Prada)グループの2018年業績は、4年ぶりに増収へと転じた。また、利益率向上とブランドイメージ保護のため、シーズン終わりのセールを取り止める方針も明らかにしている。

Prada - Reuters


 2017年末に戦略を展開したことで始まった増収傾向をより堅固にするべく、冬と夏の年2回行っていたシーズン末のセールを中止することを発表。競合相手の「グッチ(Gucci)」も同様の施策を講じている。
 
 「2019年から値下げを取り止めることを決めた」とパトリツィオ・ベルテッリ(Patrizio Bertelli)CEO。

 「今回の決定がブランドイメージの強化に繋がるほか、特に利益率の向上を確約してくれるものと考えている」。
 
 LVMHやケリング(Kering)といった大手コングロマリットが力を拡大し競争が激化する業界のなかで、プラダは新旧の競争相手に後れをとってきた。
 
 短期的に見れば成長率に響くことは否めないとしながらも、Bernsteinのアナリスト、ルカ・ソルカ(Luca Solca)氏はシーズン末のセール中止という決断を評価する。
 
 プラダの2018年度売上高は31億4200万ユーロ(約3975億7700万円)で、恒常為替レート換算で6%の増収を記録した。現行レートでの成長率は3%。
 
 2年前から、店舗の改装と移転、新規商品の投入やEC事業に注力してきたが、それが今回の増収で一つの転機を迎えたと考えられる。ちなみに、ECの売上構成比については、2020年までに20%まで引き上げることを目標の一つに掲げた。2018年度、ECの売上は2ケタ台後半の伸びを記録したという。
 
 フランスの「黄色いベスト」運動、各国間における貿易関係の緊張、ドル高や中国の減速といった要因に苦しめられ、下期はやや厳しいものとなったが、それでも今回の業績は戦略転換の成果の表れだとベルテッリCEOは述べている。
 
 しかし、売上高が伸びた一方で営業利益は引き続き減少しており、2018年度のEBITは10%減の3億2380万ユーロ(約409億7200万円)となった。主な要因は不利な為替レートにあるという。
 
 Retfinitivのアナリストは、売上高31億7000万ユーロ(約4011億2000万円)、営業利益3億7700万ユーロ(約477億400万円)を予想していた。
 
 
(2019年3月18日現在、1ユーロ=127円で換算)
 

© Thomson Reuters 2022 All rights reserved.