×
344
求人
SHISEIDO
Oversea Business Development Manager/Staff, Baum Group, Baum
正社員 · Tokyo
L'OREAL GROUP
Japan Digital / PR Manager (Luxe, Skincare)
正社員 · Tokyo
L'OREAL GROUP
Japan Product Manager (Staff-jr.Mgr) (Luxe)
正社員 · Tokyo
COACH
sr. Manager, Retail E-Commerce
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Manager, Regulatory Strategy Group
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Global Brand Holder Demand Planner
正社員 · Tokyo
YOHJI YAMAMOTO INC.
国内営業スタッフ【中途採用】 (売上・在庫管理、店舗サポート業務、取引先との商談・交渉 等)
正社員 · 東京都
YOHJI YAMAMOTO INC.
営業アシスタント (売上・在庫数の集計・データ分析)
正社員 · 東京都
YOHJI YAMAMOTO INC.
Ecサイト運営 (Ecサイトの運営管理 等)
正社員 · 東京都
H&M
Content Production Manager
正社員 · SHIBUYA CITY
BARNEYS NEWYORK
【サポートオフィス】システムチームスタッフ(正社員)
正社員 · 東京都
SHISEIDO
Strategic Human Resources Manager, People Division
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Manager / Staff, Social/Kol/Influencer Management, Marketing & Communica, Shiseido Global Brand Unit
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Manager/Staff, Marketing & Communication Development Department, Shiseido Global Brand Unit
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
資金マネージャー, 財務経理部 Treasury Manager, Financial Accounting Dept
正社員 · Tokyo
L'OREAL GROUP
Product Brand Manager (Maybelline New York)
正社員 · Tokyo
NIKE
Corporate Functions Business System Analyst Lead
正社員 · Tokyo
NIKE
Node And Logistics Business System Analyst (Tokyo)
正社員 · Tokyo
NIKE
Japan - Sports Marketing Director
正社員 · Tokyo
NIKE
Japan - Legal Director
正社員 · Tokyo
L'OREAL GROUP
International CRM And Data Manager (Takami International)
正社員 · Tokyo
ADASTRIA
【Dx戦略部】Scm領域 プロジェクトマネージャー/リーダー
正社員 · 東京都
掲載日
2019/09/26
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

花王/プラスチック製販促シール全廃目指す

掲載日
2019/09/26

 花王は9月26日、「プラスチック製アイキャッチシール」を全廃すると発表した。

プラスチック製アイキャッチシールのイメージ


 同日、花王グループのESG戦略と、今後数年内の具体的なアクションプランについて説明する発表会を実施し、明らかにしたもの。
 
 「プラスチック製アイキャッチシール」は、消費者の購入時に商品特長、正しい使用方法などを的確に伝達できるメリットがある反面、その分のプラスチック使用量が増え、プラスチックごみや廃棄時のCO2排出量の増大につながるという課題があった。

 使用方法の伝達がどうしても必要な場合は再生紙への変更を行うが、それ以外は「プラスチック製アイキャッチシール」全廃を早急に進め、プラスチックごみとCO2排出量の削減を実現していく。
 
 また、販売店からの返品は、最終的に廃棄処理を行なうため、大きな処理コストとともに、資源の無駄、CO2排出など環境面での負荷が発生している。今後は、販売店との連携のもと、商品の配荷や切り替え方法の見直しなど、廃棄物の極小化を目指す。
 
 同時に、販促物についても使用後は廃棄されるため、デジタルを活用した情報発信に切り替えていく。



Copyright © 2019 All rights reserved.
 

不許複製・禁無断転載
© 2023 FashionNetwork.com