×
344
求人
SHISEIDO
Oversea Business Development Manager/Staff, Baum Group, Baum
正社員 · Tokyo
L'OREAL GROUP
Japan Digital / PR Manager (Luxe, Skincare)
正社員 · Tokyo
L'OREAL GROUP
Japan Product Manager (Staff-jr.Mgr) (Luxe)
正社員 · Tokyo
COACH
sr. Manager, Retail E-Commerce
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Manager, Regulatory Strategy Group
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Global Brand Holder Demand Planner
正社員 · Tokyo
YOHJI YAMAMOTO INC.
国内営業スタッフ【中途採用】 (売上・在庫管理、店舗サポート業務、取引先との商談・交渉 等)
正社員 · 東京都
YOHJI YAMAMOTO INC.
営業アシスタント (売上・在庫数の集計・データ分析)
正社員 · 東京都
YOHJI YAMAMOTO INC.
Ecサイト運営 (Ecサイトの運営管理 等)
正社員 · 東京都
H&M
Content Production Manager
正社員 · SHIBUYA CITY
BARNEYS NEWYORK
【サポートオフィス】システムチームスタッフ(正社員)
正社員 · 東京都
SHISEIDO
Strategic Human Resources Manager, People Division
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Manager / Staff, Social/Kol/Influencer Management, Marketing & Communica, Shiseido Global Brand Unit
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Manager/Staff, Marketing & Communication Development Department, Shiseido Global Brand Unit
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
資金マネージャー, 財務経理部 Treasury Manager, Financial Accounting Dept
正社員 · Tokyo
L'OREAL GROUP
Product Brand Manager (Maybelline New York)
正社員 · Tokyo
NIKE
Corporate Functions Business System Analyst Lead
正社員 · Tokyo
NIKE
Node And Logistics Business System Analyst (Tokyo)
正社員 · Tokyo
NIKE
Japan - Sports Marketing Director
正社員 · Tokyo
NIKE
Japan - Legal Director
正社員 · Tokyo
L'OREAL GROUP
International CRM And Data Manager (Takami International)
正社員 · Tokyo
ADASTRIA
【Dx戦略部】Scm領域 プロジェクトマネージャー/リーダー
正社員 · 東京都
掲載日
2018/01/17
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

パリ メンズファッションウィーク:「ファセッタズム」が紡ぐ原初の感情 ウールマークとのカプセルコレクションも

掲載日
2018/01/17

 パリ メンズファッションウィーク2日目、「ファセッタズム」はレイヤードとユニークな素材使いで、「感情」を脱構築的なストリートスタイルに落とし込んでみせた。2018-19年秋冬シーズンでは、ウールマークとのパートナーシップによる初のカプセルコレクションも披露された。

Facetasm - Fall-Winter2018 - Menswear - Paris - © PixelFormula


 会場は今まで使ってきたショールームから一転、クレディ・リヨネ銀行の旧社屋「ル・サントリアル」の地下スペースに移された。19世紀に建てられた瀟洒な建築物を下りていくと、インダストリアルな空間が広がっていた。
 
 ショーのオープニングを飾ったのは、皺加工を施したデニムのセットアップだ。揺らぐようなランダムな皺はウールで表現したもの。ベースボールジャケットやMA-1から覗く長いフリンジ、幾重にもレイヤードしたイレギュラーなプリーツも、「激しい情動」を表すかのようにモデルが歩くたび表情を変えた。ウールマークとのパートナーシップにより、「ウールだからできること」を追求したテキスタイルが、クリエーションに幅を与えている。

 メンズでは、シアリングを大胆にあしらったデニムジャケット、ベースボールユニフォームを再構築したセットアップに、フーディーとドッキングしたライダースなど、モードな捻りを加えたストリートアイテムが目を引いた。
 
 アシンメトリーなシルエット、素材や質感のミックス、アイテムのレイヤードに加えて、トーンに捉われないカラーパレットもまた、溢れ出す感情の様々な側面を表現しているようだ。ディープなインディゴ、カーキ、ブラックやネイビーに始まったショーには、後半に近づくにつれな色が混ざり始め、最後はオールレッドのウェアにイエローのハットとシューズを合わせたルックで幕を閉じた。
 
 2017年春夏コレクションからパリのランウェイにデビューした「ファセッタズム」は、今回が4シーズン目の参加となる。卸先も順調に増え、今では海外だけで120店舗以上と取引があるという。

 会場の変更やウールマークとの協業など、「新しいこと」に挑んでいる印象だが、コレクションに関しては「東京でやってきたことをもう一度パリでも、と考えた」と話す落合宏理デザイナー。「子どもの頃にはあったはずの強い感情」を表現した今回のショーは、原点への回帰といった要素も感じられる。会場を縦横に行き交うモデル達は皆、思い思いの表情を浮かべていた。

 

不許複製・禁無断転載
© 2023 FashionNetwork.com