×
190
求人
UKA
レセプショニスト
正社員 · 東京都
AESOP
アカウンティング マネージャー
正社員 · 東京都
AESOP
Accounting Manager (アカウンティング マネージャー)
正社員 · Tokyo
Y'S
営業アシスタント
正社員 · 東京都
Y'S
国内営業スタッフ
正社員 · 東京都
GUCCI
Gucci Store Planning Senior Project Manager
正社員 · 東京都
GUCCI
Gucci Back Office Specialist
正社員 · 東京都
GUCCI
Client Data & Insights Manager
正社員 · 東京都
SHISEIDO
Group Manager, Logistics Service Group, Global Logistics Dept
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Associate Brand Manager, Product Innovation Group, Elixir Global Brand Unit
正社員 · Tokyo
BAROQUE JAPAN LIMITED
人事労務担当
正社員 · 東京都
BAROQUE JAPAN LIMITED
Ecサイト運営担当
正社員 · 東京都
UNITED ARROWS LTD.
【正社員】アプリエンジニア
正社員 · 東京都
UNITED ARROWS LTD.
【正社員】システムインフラ担当 ※インフラをメインとした新規システム企画
正社員 · 東京都
UNITED ARROWS LTD.
プロジェクトマネジャー
正社員 · 東京都
RESTIR
Ec事業部 メンズ 営業/企画
正社員 · 東京都
RESTIR
Ec事業部 ウィメンズ 営業/企画
正社員 · 東京都
RESTIR
ロジスティクス
正社員 · 東京都
SHISEIDO
R&D Manager, Global Professional Business Div. Shiseido Professional Brand Unit
正社員 · Yokohama
SHISEIDO
Business Intelligence & Strategy Analyst / Manager
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Regional Area Manager, Strategy & Business Development, Cle de Peau Beaute Global Brand Unit
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
資生堂インタラクティブビューティー株式会社 HR Generalist / HR Manager
正社員 · Tokyo
掲載日
2017/09/28
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

パリ ファッションウィーク:地に足のついたクールな「クロエ」

掲載日
2017/09/28

 一歩「クロエ(Chloé)」の本社に入ると、中は通りの喧騒とは一変して、静謐なオアシスが広がっている。9月28日の午前9時、エディターは皆ナターシャ・ラムゼイ=レヴィ(Natacha Ramsay-Levi)が手掛ける「クロエ」のショーを目にしようと集まった。

Chloé - Spring-Summer 2018 - Pixelformula


  デザイナーはしばしばメゾンのコードに忠実にあろうとするあまり、隷属的になってしまうこともある。しかし、ラムゼイ=レヴィは明らかにそれを味方につけていた。まだ初々しさは残るものの、今回のコレクションには、カール・ラガーフェルド(Karl Lagerfeld)、マルティーヌ・シットボン(Martin Sitbon)、ステラ・マッカートニー(Stella McCartney)といった歴代のデザイナーはもちろん、創業者のギャビー・アギョン(Gaby Aghion)の面影も感じ取ることができた。
 
 カッティングはクリーンでミニマルだが、それでいて軽やかさを残している。プレーリードレスは、硬めのレースがパワーショルダーのシルエットを形作り、サマーフロックドレスには花のプリントが躍った。特に目を引いたのは、スネークプリントのシルク、大胆な単色使い、そしてレースを素晴らしいバランスでミックスしたカクテルドレスだ。他にも、ベルベットスーツは美しく、「クロエ」のクラシックなシグネチャーでもある跳ね馬のモチーフをあしらったアイテムも。ファインレザーのマニッシュコートは、コレクション全体に漂っていた70年代ムードを高めていた。
 
 「すごくシック。軽やかだけど強い。とても気に入ったわ」とシットボン。

 際立つような新しさはなく、モードな側面は強くなかったが、業界人が「クロエ」に求めるのはそんなものではない。ギャビー・アギョンは、すべての女性に向けて服を作ろうとメゾンを立ち上げたのだ。
 
 「まずアーカイブに行くことから始めた。『クロエ』に対する愛を余すところなく表現したかったの。歴代のデザイナー達にもね。分け隔てなく皆好きよ。ギャビーはデザイナーを見出して、機会を与えてきた。カール以前にも彼女は色々なデザイナーと仕事をしてきたし、それを裏切るようなことはしたくなかったの。私にとって、ファッションは自分の人間性を表現する手段。服を着ることで世界と対話し、自分に自信を持って、勇気づけられるのよ。だから、女性は皆強い存在だと感じている。それを服で見せたかった」とラムゼイ=リレヴィは話す。以前は二コラ・ジェスキエール(Nicolas Ghesquière)のもと、デザインディレクターとして「ルイ・ヴィトン(Louis Vuitton)」で15年間腕を振るった。
 
 確かに、今回のコレクションにも「ヴィトン」時代の影響は表れているように思われた。シルエットやカラーパレット、そして溢れるパリジャンムードは素晴らしい。けれど、「クロエ」の服はより着易く、女性的で、正直に言えばこちらの方がそういう意味で優っている気すらする。つまり、商業的な成功を見込めるクールなヒットだ。

 

不許複製・禁無断転載
© 2022 FashionNetwork.com