×
187
求人
FARFETCH
E-Commerce Strategy Consultant - Farfetch Platform Solutions
正社員 · TOKYO
FARFETCH
Digital Marketing Manager / Specialist- Affiliate And Growth Partnership Marketing
正社員 · TOKYO
ISSEY MIYAKE
企画テキスタイル(Issey Miyake)
正社員 · 東京都
ISSEY MIYAKE
販売促進
正社員 · 東京都
ISSEY MIYAKE
国内営業
正社員 · 東京都
ISSEY MIYAKE
人事採用担当
正社員 · 東京都
ISSEY MIYAKE
海外営業
正社員 · 東京都
DIESEL
アパレル販売スタッフ【正社員】
正社員 · 木更津市
SHISEIDO
Imc Manager/ Staff, Shiseido Global Brand Unit
正社員 · Tokyo
NEW ERA
デジタルマーケティング スペシャリスト/プロフェッショナル(正社員)
正社員 · 東京都
Y'S
アトリエスタッフ【中途採用】
正社員 · 東京都
Y'S
Wildside Yohji Yamamoto Ecサイト運営
正社員 · 東京都
Y'S
国内営業スタッフ【中途採用】
正社員 · 東京都
GUCCI
Gucci Campaign Management & Client Insights Manager
正社員 · 東京都
GUCCI
Digital Operations Manager Japan
正社員 · 東京都
SHISEIDO
Manager, Digital Architecture, Digital Transformation Office
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
E-Commerce Director
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Manager, Global Procurement Excellence Group
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Global Business Solution Lead For Marketing (Gbsl - Ctm)
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Global Business Solution Expert For Otc
正社員 · Tokyo
AESOP
CRM Coordinator
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
CRM Manager, Shiseido Global Brand Unit
正社員 · Tokyo
By
AFP-Relaxnews
掲載日
2016/06/23
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

パリ メンズコレクション、クチュールの精神を汲んだ「バレンシアガ」初ランウェイ

By
AFP-Relaxnews
掲載日
2016/06/23

 先日始まったパリ メンズファッションウィークで、「バレンシアガ(Balenciaga)」が初メンズのランウィショーを行い、メゾンらしいクチュール精神を取り入れたコレクションを披露した。


  「バレンシアガ」17年春夏メンズコレクションでは、オーバーサイズとフィットという2つのシルエットを提案、1917年にメゾンを立ち上げた「クチュリエの中のクチュリエ」、クリストバル・バレンシアガへのオマージュとなった。
 
 グルジア出身の35歳、デムナ・ヴァザリア(Demna Gvasalia)が作り上げたのは、クラシックなカッティングのスーツや、ビッグシルエットのパンツ、ウェッジヒールのシューズに身を包んだルックだ。

 「クリストバル・バレンシアガはテイラードの名人だった。アーカイブにも、最初のメンズウェアのクロッキーが残っているが、顧客だけでなく、自分のための服もデザインしていた」とメゾン。「デムナ・ヴァザリアの手掛ける今日のシルエットは、オートクチュールと並び称されるものだ」。
 
 「バレンシアガ」のオーダーメイドでの経験が反映された今回のコレクションには、ストレートなカットのコートに、ボンバージャケット、クロップドブルゾンに、半袖のシャツやフィットしたTシャツなどが入り混じった。
 
 イヴニンワードローブには、バチカンにも提供している業者のシルクを使用した。会場も、パリにあるイエズス会系の学校を選び、肩から枢機卿のようにストールを羽織るスタイルも登場。宗教的な雰囲気を盛り上げていた。
 
 
「ファセッタズム」のジャパニーズストリートスタイル
 
 ヴィンテージ感のあるノースリーブジャケット、アシンメトリーネックのオーバーサイズTシャツ、脱構築的なシルエットのトレンチに、作業服風ジレ、エクストララージパンツ、レイヤードなど、落合宏理の手掛ける「ファセッタズム(Facetasm)」は東京らしいストリートスタイルを見せた。

FACETASM - Spring-Summer2017 - Menswear - Paris - © PixelFormula


  大胆かつフレッシュな感性でベーシックなアイテムのプロポーションで遊んだコレクションでは、レースアップパンツの裾など、クチュールにも通じる仕上げが目を引いた。ショーの会場は、バスティーユの近くにある古いアトリエだ。
 
 「僕の住んでいる東京では、オートクチュールとプレタポルテの違いなんてない。ルールを守りながら、この二つを自由に行き来できる」とバックステージで語った。
 
 
「ワイ・プロジェクト」のユニセックスな洗練
 
 フランス発「ワイ・プロジェクト(Y/Project)」を手掛けるベルギー出身のデザイナー、グレン・マルタン(Glenn Martens)は、ユニセックスなファッションに着目、洗練されたエレガンスとアーバンストリートスタイルを絶妙にミックスしてみせた。

Y/PROJECT - Spring-Summer2017 - Menswear - Paris - © PixelFormula


 ジョグパンツをピンクのサテンシャツと合わせたスタイルや、ルーズフィットのコットンニット、ユニークなコートなど、大胆かつ気まぐれなワードローブを提案する。
 
 
「ヴァレンティノ」、未完成の妙
 
  「ヴァレンティノ(Valentino)」のコレクションはは、シャツやジャケット、センタープレスのパンツなどベーシックなアイテムを中心に、クラシックながら機能的なスタイルだ。

Valentino - Spring-Summer2017 - Menswear - Paris - © PixelFormula


 マリア・グラツィア・キウリ(Maria Grazia Chiuri)とピエルパオロ・ピッチョーリ(Pierpaolo Piccioli)のデュオは、"未完成"をテーマにしたNYのメトロポリタン美術館の展覧会「Unfinished : Thoughts Left Visible」にインスポレーションを得たという。「この作品はすっかり完成している、なんて言える人がいるだろうか?」とデザイナー。
 
 縫い付けないままの裏地がレイヤードのような効果を与えるアイテムや、しつけしたきりのような大きな縫い目なども目を引いた。

Valentino - Spring-Summer2017 - Menswear - Paris - © PixelFormula


 カーキやカモフラージュ柄を用い、ベルトでウエストマークしたロングコート、パーカ、トレンチなど、ミリタリー色の強いルックも登場。ブルゾンにはアニマル柄も見られた。

 

Copyright © 2022 AFP-Relaxnews. All rights reserved.