×
257
求人
SHISEIDO
DプログラムブランドのCrm Specialist
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
エリクシールブランドCrm担当(アシスタントブランドマネージャー)
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
プリオールブランドのマーケティングポジション,Assistant Brand Manager or Brand Associate
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
イハダ・ドゥーエ ブランド Assistant Brand Manager / Brand Associate
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Assistant Brand Manager For Brand Development Asia Group, Elixir
正社員 · Tokyo
SAZABY LEAGUE, LTD. LITTLE LEAGUE COMPANY
経営管理・計数管理業務
正社員 · 東京都
RON HERMAN
ロンハーマン ウィメンズバイヤー
正社員 · 東京都
CANADA GOOSE
カナダグースジャパン 経理
正社員 · 東京都
FARFETCH
E-Commerce Strategy Consultant - Farfetch Platform Solutions
正社員 · TOKYO
TOKYO BASE
経理
正社員 · 東京都
FENDI
デジタル マネージャー
正社員 · 東京都
H&M
Content Production Manager
正社員 · SHIBUYA CITY
SHIRO
【Shiro】法務担当(シニア採用)
正社員 · 東京都
SHIRO
砂川本社 化粧品製造ライン責任者候補(無期社員)
正社員 · 北海道
SHIRO
【Shiro】営業(Btob)
正社員 · 東京都
NIKE
Digital Performance Marketing Manager, Nike.Com/ Nike App
正社員 · Tokyo
JORDAN
Japan - Brand Marketing Manager (Jordan)
正社員 · TOKYO
NIKE
Japan - Digital Loss Prevention & Payment Manager
正社員 · Tokyo
NEW ERA
デジタルマーケティング スペシャリスト/プロフェッショナル(正社員)
正社員 · 東京都
GUCCI
Gucci Digital Business Performance& Analytics Senior Manager
正社員 · 東京都
GUCCI
バックオフィス スペシャリスト
正社員 · 東京都
L'OREAL GROUP
Japan Demand Planner
正社員 · Tokyo
掲載日
2017/07/03
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

パリ オートクチュール:「ピーター・デュンダス」から「エルメス」まで プレコレクションとリゾートのショーも

掲載日
2017/07/03

 パリ オートクチュールファッションウィークの1日目。「エルメス(Hermès)」から「ピーター・デュンダス(Peter Dunda)」は、レディ・トゥ・ウェア(既製服)のショーを披露した。
 
 「ピーター・デュンダス」は、独立して自身のメゾンを立ち上げてから初のショーとなるが、リゾートコレクションを披露する会場に選んだのはパリ1区のパサージュに隠された18世紀の邸宅だった。

Peter Dundas - Dundas World/Instagram


 デュンダスは、エネルギーに溢れたグラマーなクリエーションで知られるベテランだ。「エミリオ・プッチ(Emilio Pucci)」をレッドカーペットのスターにしたほか、「エマニュエル・ウンガロ(Emanuel Ungaro)」と「ロベルト・カヴァリ(Roberto Cavalli)」でのキャリアでも評価されている。

 2017年秋冬コレクションは、そんな彼自身のスタイルに忠実なものとなった。肌を大胆に見せるアールデコスタイルのメッシュカラムドレス、サファイアブルーのスパンコールジャンプスーツ、そしてビビッドピンクのスパンコールウェットには鳥と「STARSHIP SOUL」の文字をあしらった。トランスパレントな要素も多く見られ、ニューヨークの伝説的なディスコ「Studio 54」を思わせるようなコレクションだったが、既存のデュンダスのクリエーションに収まってしまっているところは少し残念ではあった。

Peter Dundas - Dundas World/Instagram


 「エルメス」は、比較的チャーミングで甘いウェアを提案している。しかし、ムードやセッティングがやや一貫性を欠いているようにも感じられた。「エルメス」旗艦店の上階に設けられたランウェイはZ字を描く砂利道だったが、ショーが終わった後にはまるでペットの猫用の砂のような有様で、あまり「エルメス」に相応しいとは思われなかった。

Hermès - Resort 2018 - Paris - © PixelFormula


 洋服に関しては、エレガントなトップスやソフトなプリントシルクのカクテルドレス、シャーベットカラーのカシミヤタウンコートに、ブルーのアリゲーターシースドレスなど、非常によくできたコレクションだった。しかし、クリーンで商業的なウェアには強い主張がなく、クチュール期間中のショーとして妥当かというと、やや疑問が残る。
 

不許複製・禁無断転載
© 2022 FashionNetwork.com