×
134
求人
NIKE
j30 Project Management Office Manager
正社員 · Tokyo
NIKE
Japan - Team Sales Manager
正社員 · Tokyo
PUMA
HR Business Partnering
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Global Controlling Specialist, Financial Accounting Dept
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Manager, Product Innovation Group, The Ginza Global Brand Unit
正社員 · Minato City
SHISEIDO
Manager of Microbial Quality
正社員 · Yokohama
SHISEIDO
Finance Manager
正社員 · Minato City
NIKE
Operations & Logistics Technical Business Systems Analyst, Global Technology - Japan
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Manager / Brand Associate, Category Extension Group, Marketing Dept., Sgbu
正社員 · Minato City
SHISEIDO
Manager / Brand Associate, Makeup Group, Shiseido Global Brand Unit
正社員 · Minato City
SHISEIDO
Assistant Brand Manager, Brand Development China/tr/New Market g, Anessa Global Brand Unit
正社員 · Minato City
SHISEIDO
Manager / Staff, Financial Planning & Analysis, Baum Global Brand Unit
正社員 · Tokyo
L'OREAL GROUP
Japan Digital Project Manager (Shu Uemura International)
正社員 · Tokyo
NIKE
Director, Consumer, Marketplace And Marketing Technology - Japan
正社員 · Tokyo
NIKE
Technology Manager, Digital Transformation Program Office (Dtpo)
正社員 · Tokyo
NIKE
Japan - 365 Creative Director
正社員 · Tokyo
L'OREAL GROUP
Japan Demand Planner
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Category Buyer
正社員 · Tokyo
L'OREAL GROUP
Japan Retail Supply Chain Planner
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
R&D Manager, Global Professional Business Div. Shiseido Professional Brand Unit
正社員 · Yokohama
SHISEIDO
Business Intelligence & Strategy Analyst / Manager
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Marketing Manager/ Specialist, Global Professional Premium Hair Care Brand
正社員 · Tokyo
掲載日
2020/01/22
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

パリ クチュール:「メゾン マルジェラ」、ガリアーノが再びマレ地区へ

掲載日
2020/01/22

 ジョン・ガリアーノ(John Galliano)が、久々にマレへと帰ってきた。かつて20年ほどこの地区に住んでいたガリアーノだが、今回は「メゾン マルジェラ アーティザナル(Maison Margiela Artisanal)」のクチュールショーを行った。

Maison Margiela Artisanal ss 2020 - Image: Fashionnetwork.com / KN


   貴族の邸宅だった建物を改装したHôtel Coulangesに設けられた会場は、一面ピンクに覆われていた。壁も床も観客用の椅子も、すべてスプレーでピンクに塗られている。
 
 芸術的に解体・再構築されたピースは、美術館で見るようなアート作品でもあると同時に、面白いファッションのアイディアにあふれている。

 フレアしたロングコートはボタンが取れていたり縫い目が間違っていたりとサプライスにあふれた仕上がりに。イブニング向けのピースとしては、トランスパレントな素材や、ベルベット、レザーのカラムドレスにカットアウトを施してみせた。下には同系色のアンダーウェアを合わせ、ウィットに富んだルックに昇華している。
 
 頭にはフィッシュネットのヘッドアクセサリーを被り、モデルのジェンダーも定かではない。ブルーノリップに植木鉢を逆さにしたようなハットなど、舞踏会向きと言えなくもないが、どちらかといえばベルリンのテクノクラブが似合うような装いだ。
 
 サウンドトラックもまた、マルコム・マクラーレンからセルジュ・ゲンスブールとジェーン・バーキンの「ジュ・テーム・モワ・ノン・プリュ」、「サウンド・オブ・ミュージック」に至るまで、バリエーションに富んだミックスを見せる。
 
 フィナーレは特に素晴らしく、コンサバなバンカースーツに身を包んだメンズモデルが登場したが、その肩は大きくカットされ、フェイクのステッチが表に出ている。
 
 ガリアーノのシグネチャーでもある"解体"ファッションへの回帰でもあり、「クリスチャン・ディオール(Christian Dior)」を解雇されるきっかけになった事件の苦い記憶の残るマレ地区へのカムバックでもある。
 
 盛大な拍手が沸き起こっても、いつも通りそれに応えるデザイナーの姿は無い。バックステージでガリアーノの所在について尋ねたエディターに対するPRの返答は、「彼なら昨日発ちましたよ」というだった。
 
 

不許複製・禁無断転載
© 2021 FashionNetwork.com