×
118
求人
SHISEIDO
Manager, Product Innovation Group, The Ginza Global Brand Unit
正社員 · Minato City
SHISEIDO
Manager of Microbial Quality
正社員 · Yokohama
SHISEIDO
Finance Manager
正社員 · Minato City
NIKE
Operations & Logistics Technical Business Systems Analyst, Global Technology - Japan
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Manager / Brand Associate, Category Extension Group, Marketing Dept., Sgbu
正社員 · Minato City
SHISEIDO
Manager / Brand Associate, Makeup Group, Shiseido Global Brand Unit
正社員 · Minato City
SHISEIDO
Assistant Brand Manager, Brand Development China/tr/New Market g, Anessa Global Brand Unit
正社員 · Minato City
SHISEIDO
Manager / Staff, Financial Planning & Analysis, Baum Global Brand Unit
正社員 · Tokyo
L'OREAL GROUP
Japan Digital Project Manager (Shu Uemura International)
正社員 · Tokyo
NIKE
Director, Consumer, Marketplace And Marketing Technology - Japan
正社員 · Tokyo
NIKE
Technology Manager, Digital Transformation Program Office (Dtpo)
正社員 · Tokyo
NIKE
Japan - 365 Creative Director
正社員 · Tokyo
L'OREAL GROUP
Japan Demand Planner
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Category Buyer
正社員 · Tokyo
L'OREAL GROUP
Japan Retail Supply Chain Planner
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
R&D Manager, Global Professional Business Div. Shiseido Professional Brand Unit
正社員 · Yokohama
SHISEIDO
Business Intelligence & Strategy Analyst / Manager
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Marketing Manager/ Specialist, Global Professional Premium Hair Care Brand
正社員 · Tokyo
NIKE
Japan - Ethics & Compliance Manager
正社員 · Tokyo
NIKE
Japan - Neighborhood (Nbhd)/Authenticators Marketing Manager
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Demand Planning Global Business Process Expert (dp Gbpe)
正社員 · TOKYO
SHISEIDO
Manager or Brand Associate, Core Platform, Marketing Dept. Shiseido Global Brand Unit
正社員 · Tokyo
掲載日
2019/01/23
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

パリ クチュール:「メゾン マルジェラ アーティザナル」、ガリアーノの亡命生活

掲載日
2019/01/23

 冷たく湿ったパリの朝。「メゾン マルジェラ アーティザナル(Maison  Margiela Artisanal)」のショー会場は、しかし一面グラフィティに彩られていた。

Maison Margiela Artisanal - Spring/Summer 2019 - Photo: Maison Margiela/ Instagram


 グラフィティに描かれたブルーのプードル犬のモチーフは、コレクションの中でも様々なルックに登場している。
 
 オープニングを飾ったのはフリンジ状のほつれが印象的なシャーマン風のルックで、まるで背景のグラフィティが3Dになって飛び出してきたかのようだ。頭にはカットアウトのラグビーキャップやインドネシアのフィッシャーマンのようなハットをスタイリングし、大胆なジェンダーフルイドを見せた。

 ショー半ばではアブストラクトな表現が増え、パッチワークのカクテルドレスをメンズモデルに着せたジェンダーベンディングなルックや、プードルを刺繍したハリスツイードのケープなどが目を引いた。
 
 キャットウォークは鏡張りで、衣服の複雑な構造やクオリティをつぶさに観察できる。BGMはマイケル・ナイマンの『Knowing The Ropes』だ。
 
 挑発的でアグレッシブ、パワフルなクチュールショーだった。しかし一方で、ジョン・ガリアーノ(John Galliano)の得意とする要素が少し不足しているようにも感じられた。そう、"フェミニティ"だ。「クリスチャン・ディオール(Christian Dior)」を去って「メゾン マルジェラ」に就任して以来、ガリアーノは確かに力を取り戻している。だが、女性的な美しさをシアトリカルに再解釈する彼の手腕はランウェイから遠のいて久しい。今回のガリアーノのパリ滞在は、まるで亡命生活のようだ。物理的な話だけではなく、彼自身のクリエーションの鍵となる要素が欠けている。

 

不許複製・禁無断転載
© 2021 FashionNetwork.com