×
322
求人
COACH
sr. Manager, Ecommerce
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Manager, Regulatory Strategy Group
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Global Brand Holder Demand Planner
正社員 · Tokyo
YOHJI YAMAMOTO INC.
国内営業スタッフ【中途採用】 (売上・在庫管理、店舗サポート業務、取引先との商談・交渉 等)
正社員 · 東京都
YOHJI YAMAMOTO INC.
営業アシスタント (売上・在庫数の集計・データ分析)
正社員 · 東京都
YOHJI YAMAMOTO INC.
Ecサイト運営 (Ecサイトの運営管理 等)
正社員 · 東京都
BARNEYS NEWYORK
【サポートオフィス】システムチームスタッフ(正社員)
正社員 · 東京都
SHISEIDO
Strategic Human Resources Manager, People Division
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Manager / Staff, Social/Kol/Influencer Management, Marketing & Communica, Shiseido Global Brand Unit
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Manager/Staff, Marketing & Communication Development Department, Shiseido Global Brand Unit
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
資金マネージャー, 財務経理部 Treasury Manager, Financial Accounting Dept
正社員 · Tokyo
L'OREAL GROUP
Product Brand Manager (Maybelline New York)
正社員 · Tokyo
NIKE
Corporate Functions Business System Analyst Lead
正社員 · Tokyo
NIKE
Node And Logistics Business System Analyst (Tokyo)
正社員 · Tokyo
NIKE
Japan - Sports Marketing Director
正社員 · Tokyo
NIKE
Japan - Legal Director
正社員 · Tokyo
L'OREAL GROUP
International CRM And Data Manager (Takami International)
正社員 · Tokyo
ADASTRIA
【Dx戦略部】Scm領域 プロジェクトマネージャー/リーダー
正社員 · 東京都
ADASTRIA
【マーケティング本部 Web事業部】スタジオ管理担当
正社員 · 東京都
REPETTO
チーフデザイナー (レディース)
正社員 · 東京都
ESTNATION
【正社員】本部 広報Pr(メンズ)
正社員 · 東京都
PHV
Director, Marketing, Calvin Klein
正社員 · CHIYODA CITY
掲載日
2019/02/04
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

花王/2018月12月期、アジア事業好調で増収増益

掲載日
2019/02/04

 花王が2月4日発表した2018年12月期の連結決算は、売上高1兆5080億700万円(前期比1.2%増)、営業利益2077億300万円(1.4%増)、税引前利益2072億5100万円(1.4%増)、親会社の所有者に帰属する当期利益1536億9800万円(4.5%増)となった。
 

花王本社


 売上高は、日本において、新製品・改良品の発売、販売促進活動のさらなる強化等に取り組んだが、売り上げはわずかに減少した。
 
 海外では、売り上げは前期を上回った。ケミカル事業では、天然油脂価格の下落に伴う販売価格改定等が影響したが、高付加価値化を進め、前期を上回った。

 利益面では、減価償却費が増加したが、マーケティング費用の効率化やアジアのコンシューマープロダクツ事業の増収効果により、増益を計上した。
 
 セグメント別にみると、コンシューマープロダクツ事業は、日本は微減だったが、アジアが伸長した。
 
 前期比1.4%増の1兆2329億円、営業利益1757億円(対前期27億円増)。
 
 化粧品事業は、デパートチャネルで展開しているカウンセリング化粧品の「Suqqu」や「RMK」、セルフ化粧品では、低刺激で和漢植物エキスを配合した「フリープラス」、乾燥性敏感肌ケア「キュレル」の売り上げは、好調に推移した。
 
 また、2018年9月に改良した土台美容液「ソフィーナiP」は、多くの消費者に受け入れられ、順調に売り上げを伸ばた。好調なアジアでは、中国を中心に売り上げは大きく伸長した。
 
 売上高は、前期に対し5.0%増2996億円、営業利益277億円(対前期147億円増)。
 
 スキンケア・ヘアケア事業は、「ビオレ」が日本、アジアで順調に売り上げを伸ばしたが、米州では、競合品の激しい攻勢を受けた。
 
 ハンド&ボディローションの「ジャーゲンズ」は米州で順調に推移した。
 
 ヘアケア製品では、日本で、革新的な次世代型の白髪ケア「リライズ」ブランドを立ち上げ、好調に推移。
 
 日本やアジアのスキンケア製品の増収効果があったが、欧米の構造改革費用を計上したことにより利益面は苦戦した。
 
 売上高は、2.6%増の3414億円、営業利益488億円(対前期5億円減)。
 
 2019年12月期通期の連結決算は、売上高1兆5800億円(4.8%増)、営業利益2250億円(8.3%増)、税引利益2250億円(8.6%増)、親会社の所有者に帰属する当期利益1620億円(5.4%増)を予想している。
 

 
Copyright © 2019 All rights reserved

不許複製・禁無断転載
© 2023 FashionNetwork.com