"いいもの"厳選した新業態「Good Goods Issey Miyake」オープン

  「イッセイ ミヤケ(Issey Miyake)」の新業態「Good Goods Issey Miyake」が代官山に9月1日オープンする。イッセイ ミヤケブランドの垣根を越え、バッグを中心に小物やアパレルなどの"いいもの"を揃えた。

「Good Goods Issey Miyake」 - Image: Fashionsnap.com

 新店舗は「オム プリッセ イッセイ ミヤケ(Homme Plissé Issey Miyake)」(以下、オム プリッセ)に隣接。台形のコンクリートの建物と対になる約94平米の2フロアの店内で、「オム プリッセ 」は深澤直人が空間デザインを手掛けたのに対し、「Good Goods Issey Miyake」は吉岡徳仁が担当した。内装の壁は薄いグリーンのアルミニウムが斜めに配されており、様々な商品の見せ方ができるようハンガーや棚を自由に配置換えできる仕様になっている。並びの「オム プリッセ」が落ち着いた雰囲気なのに対し、新店舗は外からの光を取り入れた明るい店内でミニマルな空間を創造した。
 
 店内では「Me Issey Miyake」からSolid BagやTrunk Pleats Bag、「Issey Miyake」から組み立て式新作バッグのPhantom、「132.5 Issey Miyake」からWrap Suede Bagやメンズのシャツ、その他「Bao Bao Issey Miyake」から各モデルを展開。既存アイテムの別注カラーを豊富に揃え、アートディレクターの浅葉克己がデザインしたロゴをプリントしたTシャツや「Issey Miyake」のGaston Canvasの新プリントは店舗限定として販売する。今後、シーズンによってブランドや商品を入れ替えながら営業していく。
 
 近年、平面だったり折りたためたりする「かさばらない」イッセイ ミヤケのバッグ類は海外の顧客からお土産としての需要も高く、ブランドのエントリーアイテムとして売り上げも良いという。隣接する「オム プリッセ」との相乗効果も狙い、代官山という立地で感度の高い客層に向けてアピールしていく。
 

■Good Goods Issey Miyake/ Daikanyama
住所:東京都渋谷区猿楽町19-8 T2ビル
営業時間:11:00〜20:00

 

Copyright © 2019 Fashionsnap. All rights reserved.

ファッション - ウェアファッション - アクセサリー・雑貨リテール
新規登録