×
27
求人
AESOP
Ict Support Analyst
正社員 · 東京
ADIDAS
Senior Manager, Membership, Digital Activation
正社員 · 東京
MARC JACOBS
Digital Marketing &Online Acquisition Specialist , Marc Jacobs / Tokyo
正社員 · 東京
GUERLAIN
Marketing & Communication Director
正社員 · 東京都
CHRISTIAN DIOR
Merchandising Manager, Women's Ready to Wear, Christian Dior / Tokyo
正社員 · 東京
L'OREAL GROUP
Japan Product Manager (Shu Uemura International)
正社員 · Tokyo
LULULEMON
Educator | Tokyo Roppongi Hills
正社員 · Tokyo
POMELLATO
Pomellato Store Manager (銀座路面店)
正社員 · 東京
BOUCHERON
Boucheron Sales Associate
正社員 · 大阪市
BOUCHERON
Boucheron シニアセールスアソシエイト
正社員 · 東京
GUCCI
Gucci Store Manager 関西エリアストアマネジャー
正社員 · 大阪市
GUCCI
Gucci Client Adviser 関西エリア クライアントアドバイザー
正社員 · 大阪市
BAYCREW'S GROUP
md(レディース/u by Spick&Span)
正社員 · 東京
ADIDAS
Manager, Digital Communications
正社員 · 東京
BALENCIAGA
Balenciaga Assistant Store Manager (Aoyama)
正社員 · 東京
SHIPS
Ships(アパレル)の商品管理・物流倉庫スタッフ
アルバイト · 東京
TAG HEUER
名古屋地区・セールススタッフ Sales Staff / Nagoya Area
正社員 · 名古屋市
SACAI
縫製アルバイト
アルバイト · 東京
SACAI
レディース パタンナー
正社員 · 東京
SHIPS
銀座 本社スタッフ募集! コールセンタ-業務スタッフ
正社員 · 東京
L'OREAL GROUP
Japan Sap sd(Sales & Distribution) Expert
正社員 · Tokyo
L'OREAL GROUP
Japan Field Trainer (Ppd)
正社員 · Tokyo
by
掲載日
2020/10/01
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

「アクネ ストゥディオズ」の描く光の移ろい

by
掲載日
2020/10/01

 Covid-19の影響下でそれぞれのブランドが新しい発表形式を模索している。「アクネ ストゥディオズ(Acne Studios)」は、少人数のプレゼンテーションという利点を生かし、実験的かつフレッシュなワードローブをアーティスティックなインスタレーションの形で披露してみせた。

Acne Studios SS 2021


 グラン・パレ(Grand Palais)の中でも、大広間ではなくこじんまりとしたギャラリー・クルブ(Galerie Courbe)で行われたプレゼンテーションは、少数のゲストを何度かに分けて案内するツアー式。コンテンポラリーアートの美術館のような作りの白い小部屋を一つ一つ移動していき、それぞれの空間ごとに異なった演出でアイテムが披露された。

 「時が移ろう瞬間に惹かれる。すべての可能性が開かれるような、何かと何かの狭間の時間にね。このコレクションでは、オプティミズムや光を表現しながら、自然の要素を称えた」とアーティスティックディレクターのジョニー・ヨハンソン(Jonny Johansson)が話す通り、4つの空間では異なる照明を使い、一日の中で移ろいゆく時間を表現している。

 最初の部屋には朝の太陽を思わせる大きな球状のライトが吊るされ、オフホワイトやベージュ 、レモンイエロー、グレーといったニュートラルなカラーを纏ったモデルが登場した。オーバーサイズのリラックスしたブレザー、ビッグサイズのソフトなバッグが目についたほか、リネンやコットン、フィッシュネットニットなどナチュラルな素材と、イリディッセントな透明フィルムのようなモダンな素材との対比が印象的だった。


Acne Studios SS 2021


 次の部屋は午後の日差しを思わせる照明で、アーストーンのトランスパレントなレイヤードが詩的な洋服が続く。そうして日が傾いた夕暮れ時の部屋では、紫の淡いネオンに照らされて少しずつ主張の強いアイテムが混ざり始めた。光沢のある加工を施したオーガンジーのワンショルダーチュニックや、紙をくしゃくしゃに丸めたような質感のドレスなど、自然と人工が混ざり合った素材使いのモダンなシルエットが目を引いた。

 最後の部屋は暗く、ブルーの闇の中に中央のスポットライトが回転し強烈な光を投げる。ホワイトのトップやパンツは光を反射して輝き、バッグも玉虫色に光を反射した。

 シルエットはゆったりと体に添い流れ落ちるようなものやリラックスしたオーバーサイズが主流で、半透明の素材やメッシュなどを重ねて表情の変化を楽しむルックが目立つ。ロサンゼルスのアーティスト、ベン・クイン(Ben Quinn)とのコラボレーションだというどこかサイケデリックなプリントも、シークインやエンブロイダリー、メタリックヤーンを織り込んだ生地に落とし込んだことで幻想的に仕上がっていた。

 幅広のストラップがアクセントになったビッグサイズのバックやメタルのイヤリング、フレームまで透明のサングラスなど、イットなアクセサリーも登場。足元にはサンダル を合わせた。

 時や光が「移り変わる」瞬間が精神的な変化にも繋がり、ポジティブな効果をもたらすと話してくれたヨハンソン。一日のどんな瞬間にも対応できるフレッシュで若々しいワードローブを、クリエイティブに昇華してみせた。

 

不許複製・禁無断転載
© 2020 FashionNetwork.com