×
掲載日
2019/12/11
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

「アレキサンダー・マックイーン」、メンズがミラノへカムバック

掲載日
2019/12/11

 「アレキサンダー・マックイーン(Alexander McQueen)」が、来年1月にミラノのメンズシーズンにカムバックを果たす。

Alexander McQueen - London - FashionNetwork.com/Godfrey Deeny


 ブランドが最後にメンズのショーをミラノで行ったのは2012年1月のことだ。翌年にはロンドンに場所を移している。
 
 「メンズコレクションはランウェイ形式を休止することにしました。毎シーズン違う都市で、プレゼンテーションという形で発表するつもりです」とブランドは当紙に明かした。

 先シーズンのロンドンでも、少数の関係者のみを招いたプレゼンテーションが行われていた。ミラノでは、1月12日の午前10時〜16時に開催予定だが、場所はまだ発表されていない。
 
 「アレキサンダー・マックイーン」のメンズコレクションは、アーティスティックディレクターのサラ・バートン(Sarah Burton)とデザイナーのハーレー・ヒューズ(Harley Hughes)が手がけている。最後のショーは2018年1月のパリ メンズファッションウィークでのものだった。
 
 他にも、来季のミラノメンズシーズンには、「グッチ(Gucci)」、「サルヴァトーレ・フェラガモ(Salvatore Ferragamo)」、「ヌメロヴェントゥーノ(N°21)」など復帰組が多数参加予定だ。


 

不許複製・禁無断転載
© 2021 FashionNetwork.com