「アレキサンダー・ワン」のリサ・ガーシュCEOが退任

 「アレキサンダー・ワン(Alexander Wang)」のリサ・ガーシュ(Lisa Gersh)CEOが、就任から一年と少しで退任することがわかった。

リサ・ガーシュCEO. - Via Lisa Gersh

 ブランドのニューヨーク本社が本紙に事実関係を認めている。
 
 ガーシュ氏は、アレキサンダー・ワン自身がブランドのCEO職を退いたことを受けて後任に就いた。経営陣の多角化を目指し、「新しいカテゴリと市場」を開拓すべく抜擢されている。
 
 以前には、女優グウィネス・パルトロウ(Gwyneth Paltrow)のライフスタイルブランド「グープ(Goop)」で2014年から2年間CEOを務めたほか、アメリカのカリスマ主婦マーサ・スチュワートの会社の社長も2年経験した。
 
 今回の退任について、まだ本人からの個人的な発表はなされていない。
 
 「アレキサンダー・ワン」は、昨年から従来のスケジュールでのコレクション発表を取り止めており、2019年春夏コレクションは今年6月に披露されている。こうした方針転換の一環とも捉えられる人事だ。
 
 アレキサンダー・ワン本人は、ブランドの会長兼クリエイティブディレクターを継続するが、ガーシュ氏退任後は暫定的にCEO職も兼務するという。
 
 

不許複製・禁無断転載
© 2018 FashionNetwork.com

ファッション - ウェア人事
新規登録