×
569
求人
keyboard_arrow_left
keyboard_arrow_right

「エスカーダ」、新アーティスティックディレクター決定

掲載日
today 2017/06/14
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

 「エスカーダ(Escada)」が、新しいアーティスティックディレクターにニール・スローン(Niall Sloan)を起用した。前任のダニエル・ウィンゲート(Daniel Wingate)は2012年からデザイナーを務めていたが、今年1月に退任している。スローンは8月1日付で就任する。

Niall Sloan - Escada


 ニール・スローンは「バーバリー(Burberry)」に10年間務め、様々なカテゴリの商品を担当していた。特に「プローサム(Prorsum)」ラインで腕を振るった。その後、現在は「ハンター(Hunter)」のデザインディレクターを務めている。
 
 「ニールはクリエイティブな才能に溢れ、経験も豊富だ。エネルギーとヴィジョンも兼ね備え、ブランドの伝統を現代的かつ一貫性のあるやり方で再解釈するのに理想的な人材だ」とアイリス・イープル=リーギ(Iris Epple-Righi)CEO。「『バーバリー』で10年間ラグジュアリーの経験を積み、その後『ハンター』のような、よりコンテンポラリーでカジュアルなブランドを経ている。我々が『エスカーダ』の展開に望むやり方を実現するのに、完璧な組み合わせだ」。

 スローンは18年秋冬コレクションも監修し、本格的なデビューは19年リゾートコレクションとなる。
 

不許複製・禁無断転載
© 2019 FashionNetwork.com