×
135
求人
SHISEIDO
Manager, Product Innovation Group, The Ginza Global Brand Unit
正社員 · Minato City
SHISEIDO
Manager of Microbial Quality
正社員 · Yokohama
SHISEIDO
fp&a Group Manager For Brand
正社員 · Minato City
SHISEIDO
Finance Manager
正社員 · Minato City
NIKE
Operations & Logistics Technical Business Systems Analyst, Global Technology - Japan
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Manager / Brand Associate, Category Extension Group, Marketing Dept., Sgbu
正社員 · Minato City
SHISEIDO
Manager / Brand Associate, Makeup Group, Shiseido Global Brand Unit
正社員 · Minato City
SHISEIDO
Assistant Brand Manager, Brand Development China/tr/New Market g, Anessa Global Brand Unit
正社員 · Minato City
SHISEIDO
Manager / Staff, Financial Planning & Analysis, Baum Global Brand Unit
正社員 · Tokyo
L'OREAL GROUP
Japan Digital Project Manager (Shu Uemura International)
正社員 · Tokyo
NIKE
Director, Consumer, Marketplace And Marketing Technology - Japan
正社員 · Tokyo
NIKE
Technology Manager, Digital Transformation Program Office (Dtpo)
正社員 · Tokyo
NIKE
Japan - 365 Creative Director
正社員 · Tokyo
L'OREAL GROUP
Japan Demand Planner
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Category Buyer
正社員 · Tokyo
L'OREAL GROUP
Japan Retail Supply Chain Planner
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
R&D Manager, Global Professional Business Div. Shiseido Professional Brand Unit
正社員 · Yokohama
SHISEIDO
Business Intelligence & Strategy Analyst / Manager
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Marketing Manager/ Specialist, Global Professional Premium Hair Care Brand
正社員 · Tokyo
NIKE
Japan - Ethics & Compliance Manager
正社員 · Tokyo
NIKE
Japan - Neighborhood (Nbhd)/Authenticators Marketing Manager
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Demand Planning Global Business Process Expert (dp Gbpe)
正社員 · TOKYO
掲載日
2017/05/23
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

「エルメス」、アントワープでマルジェラの軌跡を巡る旅

掲載日
2017/05/23

 パリ北駅の電光掲示板に表示された電車の行先は、「le sens de l’objet(オブジェに宿るもの)」。「エルメス(Hermès)」が2017年に掲げたテーマだ。

パリ北駅の電光掲示板 - FashionNetwork.com (DM)


 受け取った招待状には逆さま(フランス語で「ア・ランヴェール(à l’envers)」)に文字が書かれていて、謎解きのように「アントワープにて(フランス語で「ア・アンヴェール(à Anvers))」と行先を示している。5月22日、「エルメス」は各国からジャーナリストなど240名をベルギーのアントワープに招いた。
 
 ジェネラル・アーティスティックディレクターのピエール=アレクシス・デュマ(Pierre-Alexis Dumas)によると、ベルギー人デザイナーであるマルタン・マルジェラ(Martin Margiela)、そして彼とオブジェとの特別な関係について考えたとき、アントワープという街が自然に浮かんだのだという。

 マルタン・マルジェラは1997年から2003年まで「エルメス」でウィメンズウェアを手掛けていた。「H」の文字を描けるよう6つの穴が空いたボタンや、2重巻きベルトの時計、クロシェットキーリングなど、アイコニックなアイテムを創り出したのもマルジェラだ。

アントワープで行われた「エルメス」の日、サン・フェリクス倉庫 にて - FashionNetwork.com (DM)


 今回のイベントの主催者にはマルタン・マルジェラ自身も名を連ねており、監修も直接行っている。駅から車に揺られて着いた先は、サンフェリックス倉庫だった。2006年から街のアーカイブを保存している。
 
 「この場所は大好きだね。僕にとってはアントワープの象徴だ」。マルタン・マルジェラと共に仕事をしていたボブ・ヴェルヘルスト(Bob Verhelst)はこう話す。
 
 そこから長く続く白い廊下を歩むと、大きなホールに通された。レオタードとヌードカラーやブラックのタイツを纏ったモデルは、それぞれ言葉とジェスチャーによってマルジェラ時代の「エルメス」や彼自身のルックを表現し、架空のファッションショーを実現させている。

アントワープでの「エルメス」による出迎え - FashionNetwork.com (DM)


  展覧会では、マルジェラが「エルメス」で手掛けたものと自身のメゾン向けに作り上げたものが並行して展示されている。「エルメス」向けのシンプルで洗練されたルックと比べ、自分のメゾンで発表したモデルをマルジェラ本人は「バロック」だと表現した。
  
 最後に並べられた写真には、先ほどのパフォーマンスに出ていたのと同じモデルが写っていたが、今回は実際に服を纏っている、という寸法だ。

Le directeur général Pôle amont et participations d'Hermès, Guillaume de Seynes アントワープの駅にて - FashionNetwork.com (DM)


  食事会は倉庫の回廊で行われ、Klezmicnoizのロマ音楽をバックに、黒い服と黒い手袋を纏ったスタッフがサーブした。
 

不許複製・禁無断転載
© 2021 FashionNetwork.com