×
By
fashionsnap
掲載日
2019/06/21
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

「オリス」が国内初のブティックを銀座にオープン、ビッグクラウン新色を先行販売

By
fashionsnap
掲載日
2019/06/21

 スイスの時計ブランド「オリス(Oris)」が6月22日、国内初のブティックを銀座にオープンする。

Image by: Fashionsnap.com


 オリスは、1904年にスイス・ヘルシュタインでポール・カッティンとジョージ・クリスチャンが創業。ブランド名はヘルシュタイン付近のオリス川から名付けられている。1925年から腕時計を作りを開始。パイロットがグローブを着けたままでも操作しやすいように設置された大きなリュウズが特徴の「ビッグクラウン」や、1965年に発表した初のダイバーズウォッチを復刻した「ダイバーズ65」などで知られている。

 国内初のブティックは、「ギャップ(Gap)」などが店を構える銀座4丁目の並木通り沿いにオープン。1階と2階の2フロアで展開し、時計を気軽に手に取ることができるオープンディスプレイなどスイス・チューリッヒのブティックと同じインテリアを揃えた。国内最大級の品揃えで、フラグシップモデルのビッグクラウン(Big Crown)や、ダイバーズウォッチのアクイス(Aquis)とダイバーズ(Divers)、クラシックコレクションのアートリエ(Artelier)などを販売する。価格帯は18万円~180万円。

 また、オープンを記念して「ビッグクラウン ポインターデイト」の新色ディープレッドを9月の全国発売に先駆けて販売。ベルトは、ブラウンレザー(17万5,000円)とSSブレスレット(19万5,000円)の2種類を用意する。

住所:東京都中央区銀座4丁目3-14 和光オリスビル1階
電話:03-6228-6866
営業時間:11:00〜20:00(不定休)
Oris:公式サイト

Copyright © 2021 Fashionsnap. All rights reserved.