×
138
求人
SHISEIDO
Manager / Staff, Financial Planning & Analysis, Baum Global Brand Unit
正社員 · Tokyo
L'OREAL GROUP
Japan Digital Project Manager (Shu Uemura International)
正社員 · Tokyo
NIKE
Director, Consumer, Marketplace And Marketing Technology - Japan
正社員 · Tokyo
NIKE
Technology Manager, Digital Transformation Program Office (Dtpo)
正社員 · Tokyo
NIKE
Japan - 365 Creative Director
正社員 · Tokyo
L'OREAL GROUP
Japan Demand Planner
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Category Buyer
正社員 · Tokyo
L'OREAL GROUP
Japan Retail Supply Chain Planner
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
R&D Manager, Global Professional Business Div. Shiseido Professional Brand Unit
正社員 · Yokohama
SHISEIDO
Business Intelligence & Strategy Analyst / Manager
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Marketing Manager/ Specialist, Global Professional Premium Hair Care Brand
正社員 · Tokyo
NIKE
Japan - Ethics & Compliance Manager
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Global Business Solution Lead
正社員 · Tokyo
NIKE
Japan - Neighborhood (Nbhd)/Authenticators Marketing Manager
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Demand Planning Global Business Process Expert (dp Gbpe)
正社員 · TOKYO
SHISEIDO
Manager or Brand Associate, Core Platform, Marketing Dept. Shiseido Global Brand Unit
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
IT Project Manager
正社員 · Minato City
SHISEIDO
Information Security Specialist
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Manager, Consumer & Market Insights
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Business Data Analyst (Scm)
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Manager / Staff, Marketing For Global Professional Life-Style Hair Care Brand
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Specialist / Manager, Business Development
正社員 · Tokyo
By
fashionsnap
掲載日
2020/01/22
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

「オールドスクールのラッパーを彷彿とさせるものを作りたかった」オオスミタケシによるMCM by Phenomenonが復活した理由と目指すもの

By
fashionsnap
掲載日
2020/01/22

 「フェノメノン(Phenomenon)」と「エムシーエム(MCM)」のコラボレーションライン「MCM by Phenomenon」が5年ぶりに復活した。コラボデザイナーを務めたのは、現在吉井雄一とともに「ミスター・ジェントルマン(Mr.Gentleman)」を手掛けるオオスミタケシ(Takeshi Osumi)。なぜこのタイミングで同ラインを手掛けるに至ったのか。その経緯とコレクションに込めた想い、今後の展開をオオスミに聞いた。

Image: Fashionsnap.com


 MCM by Phenomenonは2010年にスタート。ドイツのアイコニックなラグジュアリーブランドと、エッジの効いたクリエイティブで国内外から評価を受けていたブランドとのコラボレーションに注目が集まった。
 
 オオスミは1999年に「スワッガー(Swagger)」を立ち上げ、2004年に「フェノメノン」を始動。2016年にデザイナー契約の任期満了という形でブランドを退任した。コラボラインの復活は、エムシーエムの社長とプライベートで交流する中で自然な流れだったという。「会って食事をしたりする中で、またやりたいねという話を5年間ずっとしていて、自分のなかでタイミングを伺っていた」と振り返る。

 「エムシーエムのヴィセトス柄が僕の中でオールドスクールのラッパーたちが着ているイメージがあり、改めて彼らを彷彿とさせるようなブランドの原点(ルーツ)に立ち返りたいと考えた」という今回のコレクションでは「STRICTLY ROOTS(ルーツに忠実)」をテーマに製作。エムシーエムのアイコニックなヴィセトス柄を落とし込んだクラッチバッグやカードホルダー、スウェットなどがラインナップされている。ミスタージェントルマンとは異なるスタイルの着用者を想定して製作に取り組んだというオオスミは、クリア素材やPVC、光で反射するプリントなど、いま旬の素材や技術を生かしたクリエイションを重視。エムシーエムとオオスミの持つストリートカルチャーを現代的にアップデートしたコレクションに仕上げたという。
 
 5年ぶりのコラボレーションを経て「ミスタージェントルマンでは人と話しながらの製作なので、1人でのモノづくりは新鮮だった。これからもこの2種類のクリエイションのバランスを保って製作を続けていきたい」とオオスミ。エムシーエムとのコラボレーションは今後も各シーズンごとにコレクションを展開していく予定で、すでに次のシーズンの準備も始めているという。「このコラボは自分の中では新たな挑戦で、やっと始まったという感じ。今後も継続して、エムシーエムでも、そしてミスタージェントルマンでも面白いことを提案していきたい」と意欲をみせた。なお1月22日から、伊勢丹新宿店メンズ館にポップアップストアを出店。コラボコレクションを先行販売しているほか、店舗限定のトートバッグ2種類を取り扱っている。

 

Copyright © 2021 Fashionsnap. All rights reserved.