×

「カルティエ」新プラットフォームサービス開設、時計の保証期間は最大8年に

By
fashionsnap
掲載日
2019/11/13
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

 「カルティエ(Cartier)」が、顧客専用の新たなオンラインプラットフォーム「カルティエ ケア(Cartier Care)」を11月12日に開設した。各種サービスの提供やアドバイスなどで購買体験をより豊かなものにするという。

「カルティエ ケア」登録ページのイメージ - Image: カルティエ


 カルティエでは近年カスタマーサービス向上の施策を実施しており、時計では2017年に「パンテール ドゥ カルティエ」、2018年に「サントス ドゥ カルティエ ウォッチ」の新コレクション「サントス 100 コレクション」を発売した際に、無料のコンプリートサービスやタイムピースへの脱磁装置の取り付けなどの専用プログラムを提供。いずれも顧客からの好評を得たことなどから、カルティエ ケアを立ち上げたという。現在は時計のみを対象としている。
 
 従来の時計購入時の国際限定保証期間は2年間だったが、カルティエ ケアでは購入した時計のシリアルナンバーを登録すると最大8年間の保証を受けることができ、開設日以前に購入した場合でも保証期間中であれば期間の延長が可能。このほか、購入から3年目、6年目、7年目にメンテナンスを通知する機能や、保管方法をアドバイスするサービスなどを備え、購入後のケアを充実させた。

 今後はジュエリーやレザーグッズ、アクセサリーなど対象カテゴリーを順次拡大する予定。ジュエリーでは顧客が手書きした文字の刻印サービスやジュエリーボックスのエンボス加工といったパーソナライゼーションサービスを、時計カテゴリーでは新作購入時に古いモデルを下取りするサービスを検討中だという。

 

Copyright © 2020 Fashionsnap. All rights reserved.