×
By
fashionsnap
掲載日
2020/02/17
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

「カンゴール」日本初のアパレル専門フラッグシップストアがラフォーレ原宿にオープン

By
fashionsnap
掲載日
2020/02/17

 イギリスのヘッドウェアブランド「カンゴール(Kangol)」が、日本初のアパレル専門フラッグシップストア「カンゴールストア」をラフォーレ原宿3階に4月17日に出店する。

「カンゴール」イメージヴィジュアル - Image: ラフォーレ原宿


 カンゴールは1938年に帽子ブランドとしてイギリスで誕生し、ザ・ビートルズ(The Beatles)やピエール・カルダン(Pierre Cardin)ら著名人が着用したことで知られる。新店舗は伝統と現代が融合した「モダンベーシック&ストリート」をコンセプトに掲げ、カンゴールストア限定のオリジナルロゴ商品を多数取り扱う。商品価格帯は5,000円〜8,000円。また、オープンを記念し、1万2,000円以上の購入者先着100人にモバイルバッテリーをノベルティとして配布する。
 
 2020年春にリニューアルを実施するラフォーレ原宿では、海外ブランドを中心に取り扱うセレクトショップ「クーザ(Qooza)」が新たにオープンするほか「アメリカンアパレル(American Apparel)」の創業者ダヴ・チャーニー(Dov Charney)が設立した新ブランド「ロサンゼルスアパレル(Los Angeles Apparel)」が期間限定出店するなどユニセックスブランドを拡充。また、アクセサリーブランド「リキュエム(Liquem)」やプリントシール機専門店「ガールズ ミニョン(Girls Mignon)」を誘致し、アパレル以外の多様なジャンルによる提案強化を図るという。

 

Copyright © 2021 Fashionsnap. All rights reserved.