×
587
求人
keyboard_arrow_left
keyboard_arrow_right

「クリストファー・レイバーン」、サステナブルなスポーティーシックを提案

掲載日
today 2017/06/12
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

 「クリストファー・レイバーン(Christopher Raeburn)」がロンドンファッションウィークメンズで発表したコレクションには、「Remade Reduce Recycle Raeburn」の文字があしらわれたリボンが登場し、前向きでサステナブル(持続可能)な姿勢を表現していた。

Fashion Network


 招待客を見渡す限り、ロンドンのメンズシーズンが持つ吸引力は失われつつあるとも感じられたが、コレクション自体は、ファッションにおける真の前進とも呼べるものに仕上がっていた。レイバーンは古いナイロン製のカイトを解体し、レインコートやジャケット、スポーティーなトップスへと変身させてみせた。制作は全て東ロンドンの自社「リメイドスタジオRemade Studio」で行われている。
 
 また、ドイツのウィンドブレーカーを現代的なパーカに昇華したり、カモフラージュをポップにしたプリントで遊んだりも。

 ロンドンは他の都市に比べても特にスポーツウェアのテイストで溢れているが、レイバーンはこうしたトレンドの良き見本と言えそうだ。オーガニックコットンのフーディーはグログランのトリムで仕上げるなど、上質に一捻りを加えることも忘れていない。
 
 「ビクトリノックス(Victorinox)」のクリエイティブディレクターも務めるレイバーンは、「砂漠、風、焼け付く太陽など、あらゆる天候や環境に向けてメンズ・ウィメンズ双方をデザインしている」と話す。

Fashion Network


  クリストファー・レイバーンは他にも、フランスのブーツブランド「パラディウム(Palladium)」と協業し、リサイクルゴムとリサイクル加工レザーを用いたリバーランニング向け高機能スニーカーや、ウォータープルーフソックスなどを制作している。コレクションのアイテムに付けたネームパッチは、エイブリィ・デニソン(Avery Dennison)と開発した3D熱伝導シリコンによるもの。さらに、「ブラックホース・レーン・アトリエ」(Blackhorse Lane Ateliers)」とは、デニムカーゴのショーツでコラボレーションした。
 

不許複製・禁無断転載
© 2019 FashionNetwork.com