「ケイト・スペード」ニコラ・グラスによる初のヴィジュアルを公開、ティム・ウォーカーが撮影

 「ケイト・スペード ニューヨーク(Kate Spade New York)」が、新クリエイティブディレクターのニコラ・グラス(Nicola Glass)による初のキャンペーンヴィジュアルを公開した。撮影は、ブランド創業当時に数多くのキャンペーンを手掛けた写真家ティム・ウォーカー(Tim Walker)が担当した。

「ケイト・スペード ニューヨーク」2019年スプリングキャンペーン

 公開された2019年スプリングのヴィジュアルは、ニコラ・グラスがブランドコンセプトとして掲げる「Optimistic Femininity(楽観的な女性らしさ)」を体現する存在としてジュリア・ガーナー(Julia Garner)、セイディー・シンク(Sadie Sink)、キキ・レーン(Kiki Layne)の3人を起用。週末に友人同士が思いつくままに集まり、ふとしたことから人生の喜びや親密な瞬間を分かち合うというコレクションのテーマから着想を得たヴィジュアルに仕上げられた。
 
 シュールレアリスティックな作風で知られるティム・ウォーカーをケイト・スペード ニューヨークが起用するのは、創業者のケイト&アンディ・スペード夫妻と継続的にコラボレーションを行っていた1999年〜2006年以来となる。スタイリングはサラ・ムーン(Sara Moonves)が担当した。

 

Copyright © 2019 Fashionsnap. All rights reserved.

ファッション - ウェアファッション - アクセサリー・雑貨広告・キャンペーン
新規登録