×

「コスチューム ナショナル」江角泰俊と有働幸司がクリエイティブディレクター退任、20年秋冬からデザインチームが制作

By
fashionsnap
掲載日
2020/03/12
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

 「コスチューム ナショナル(Costume National)」のクリエイティブディレクター有働幸司と江角泰俊が、2020年春夏シーズンをもって同職を退任した。2020年秋冬シーズンからはイタリアと日本のデザインチームがメンズとウィメンズ両方のコレクションを手掛ける。

「コスチューム ナショナル」2020年春夏コレクションより(江角が手掛けたウィメンズのラストコレクション)- Image: コスチューム ナショナル


 コスチューム ナショナルは1986年にエンニョ・カパサ(Ennio Capasa)とカルロ・カパサ(Carlo Capasa)兄弟がイタリア・ミラノで設立。創業30年を迎えた2016年にカパサ兄弟がブランドから離れ、日本におけるブランド運営とリテール事業を統括してきたCNジャパンが小売事業を引き継いだ。現在はブランドのトレードマークおよび知的所有権、運営権を持つネクスプレミアムグループとCNジャパンの2社が株式を所有している。
 
 有働と江角は2018年春夏シーズンにクリエイティブディレクターに着任。有働はメンズを、江角はウィメンズを担当し、イタリアと日本の文化、テクノロジーとクラフトマンシップを融合させたコレクションを発表してきた。退任の理由についてブランドは「契約期間満了のため」と説明している。

 

Copyright © 2020 Fashionsnap. All rights reserved.