×
By
fashionsnap
掲載日
2020/02/06
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

「ザ・ウールマーク・カンパニー」がカール・ラガーフェルドを追悼、ニットアイテム製作キットを777個無料配布

By
fashionsnap
掲載日
2020/02/06

 ザ・ウールマーク・カンパニー(The Woolmark Company)が、故カール・ラガーフェルド(Karl Lagerfeld)のトリビュート企画として「Knit Karl」ボックスを発表した。世界で777個限定で用意し、抽選の当選者に無料で配布する。応募期間は2月7日の今日から3月7日までで、特設サイトから特定のユニークコードを入力すると抽選に応募できる。

「Knit Karl」のイメージ - Image: ザ・ウールマーク・カンパニー


 ボックスには、カールが生前デザインしたニットアイテムを作るための毛糸や編み針、ピンバッジをセットにしたキットが入っている。プルオーバー、ニット帽、ヘッドバンド、スカーフの4種類の編み方が同包されており、好きなものを最低一つ編むことができる。アイテムに使う毛糸は100%天然のオーストラシア産ピュアメリノウール製で、再生可能な素材だという。
 
 カールとザ・ウールマーク・カンパニーの関係は、国際羊毛事務局(現ザ・ウールマーク・カンパニー)によるデザインコンテストのコート部門で優勝した1954年にまで遡る。同賞を受賞したことをきっかけに、カールは17歳の若さでピエール・バルマン(Pierre Balmain)のアシスタントとなり、その後は「ジャン・パトゥ(Jean Patou)」や「ヴァレンティノ(Valentino)」などで経験を積んだ。「フェンディ(Fendi)」(54年間)や「シャネル(Chanel)」(36年間)などで長年クリエイションに携わり、ファッション業界に多大な功績を残したが、2019年2月19日に逝去した。


■Knit Karl:特設サイト(ユニークコード:KLWXJ9JR)

 

Copyright © 2021 Fashionsnap. All rights reserved.