「シャネル」、メティエダールのショーはパリへ

 「シャネル(Chanel)」が傘下アトリエの伝統技術にフィーチャーした"メティエダール"ランウェイショーが、ハンブルク、ニューヨークを経てパリに戻って来る。2019-20年コレクションは、12月5日に発表される予定だ。

 
 次回のショーでは、カール・ラガーフェルド(Karl Lagerfeld)の後任となったヴィルジニー・ヴィアール(Virginie Viard)が手掛ける初のメティエダールコレクションがお披露目される。
 
 具体的な会場については発表されていないが、「シャネル」御用達のグランパレか、あるいはココ・シャネル(Coco Chanel)の定宿だったオテルリッツになるだろうと予想されている。リッツでは2016年にもメティエダールのショーが行われた。
 
 昨年は、ニューヨークのメトロポリタン美術館で古代エジプトにインスパイアされたコレクションを披露している。

 

Copyright © 2019 AFP-Relaxnews. All rights reserved.

ファッション - ウェアファッション - アクセサリー・雑貨ファッション - シューズラグジュアリー - ウェアラグジュアリー - アクセサリー・雑貨ラグジュアリー - シューズラグジュアリー - その他ファッションショー
新規登録