×

「シャネル」、伊カプリ島でのクルーズショーをキャンセル

掲載日
2020/03/18
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

 「シャネル(Chanel)」が、57日に開催予定だったイタリア・カプリ島でのクルーズショーをキャンセルする。

Chanel - Cruise 2020


 新型コロナウイルスが欧州で拡大を続けており、イタリアとフランスではすでに自宅待機命令が出されている状態だ。他のラグジュアリーメゾンもすでにリゾート(プレスプリング)コレクションのランウェイを見送っており、「シャネル」もこれに加わる形となった。
 
 「スタッフとゲストの健康を第一に考えました。『シャネル』は現在、カプリでのコレクション発表を別の日程や形式で実施できる可能性を模索しています」とメゾン側は本紙に説明している。
 
 「ディオール(Dior)」、「プラダ(Prada)」、「グッチ(Gucci)」、「ジョルジオ・アルマーニ(Giorgio Armani)」、「マックスマーラ(Max Mara)」、「ヴェルサーチェ(Versace)」といったブランドも、4月から5月にかけて予定していたランウェイを軒並み見送ると発表している。
 
 「新型コロナウイルス(Covid-19)感染拡大の状況を注意深く見守り、スタッフやパートナー、顧客の安全を確保するため、世界の保健期間の要請を鑑みつつ必要なあらゆる予防的措置をとりました。状況は刻一刻と変化しており、各国の規制に従って的確なアプローチを行う必要があります。『シャネル』は、世界中の従業員やパートナーの安全を確保すべく全力で取り組んでいます」。
 
 ちなみに、パリで発表した「メティエダールコレクション」の"レプリカ"ランウェイは、北京はもちろん、64日にロンドンで予定されていた分も中止となっている。
 

不許複製・禁無断転載
© 2020 FashionNetwork.com