×
By
AFP-Relaxnews
掲載日
2017/11/27
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

「シャーロット・オリンピア」、ザハ・ハディドの建築にトリビュートしたアイテム発売

By
AFP-Relaxnews
掲載日
2017/11/27

 「シャーロット・オリンピア(Charlotte Olympia)」が、建築家ザハ・ハディド(Zaha Hadid)のデザイン事務所と協業し、彼女にトリビュートしたシューズとクラッチバッグを発売する。どちらのアイテムも、アクリル樹脂とローズゴールドのメタルを取り入れ、流動的なフォルムを表現している。


 ザハ・ハディドとシャーロット・オリンピア・デラル(Charlotte Olympia Dellal)は2015年に出会い、コラボレーションを決断。ハディド本人は2016年に亡くなったが、事務所とブランドは細心の注意を払い、彼女もきっと認めたであろうデザインを追求した。
 
 「ザハ・ハディドは素晴らしい女性。会えて光栄だったし、デザイン事務所と協業できることが決まって嬉しかった。彼女の作品や美的感覚には、絶えず刺激されているわ」とシャーロット・オリンピア・デラル。コラボのバッグとシューズは「シャーロット・オリンピア」店舗とブランドのウェブサイトで販売される。価格は、シューズが1600ポンド(約 24万円)、クラッチが2600ポンド(約39万円)。

 ザハ・ハディドは1950年にバグダッドで生まれ、ベイルートとロンドンで学んだ。オランダ人建築家レム・コールハース(Rem Koolhaas)のもとで経験を積んだ後、1979年にはロンドンで自身の建築事務所を立ち上げた。優れた教師でもある彼女は、英国建築協会付属建築学校やハーバード大学デザイン大学院で教鞭を執っている。建築界で最も権威ある賞、プリツカー賞を女性で初めて受賞した人物でもある。

 

Copyright © 2021 AFP-Relaxnews. All rights reserved.