×
By
fashionsnap
掲載日
2019/11/25
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

「ジャックムス」メンズウェア、日本初のウィンドウインスタレーションが表参道に

By
fashionsnap
掲載日
2019/11/25

 「ジャックムス(Jacquemus)」が、2019-20年秋冬メンズコレクションのウィンドウインスタレーションを表参道のセレクトショップ「アディッション アデライデ(Addition Adelaide)」でスタートした。

ウィンドウインスタレーション - Image: Addition Adelaide


 サイモン・ポート・ジャックムス(Simon Porte Jacquemus)が手掛ける「ジャックムス」は、ウィメンズブランドとして2009年に始動。メンズラインは2019年春夏コレクションでデビューした。2シーズン目となる2019-20年秋冬メンズコレクションは製粉業者を意味する「Le Meunier」と題され、麦を刈り穀物を引き、小麦粉にする人々からインスピレーションを得たワークウェアを製作。ホワイトやネイビー、カーキ、ブラウンなどニュートラルなカラーパレットにオレンジをアクセントとして取り入れた。
 
 アディッション アデライデのウィンドウインスタレーションでは、コレクションのテーマと連動し農地の稲を表現。12月6日までの期間限定で展示している。

 
■アディッション アデライデ
所在地:渋谷区神宮前4-19-8 アロープラザ原宿 1F
 

Copyright © 2021 Fashionsnap. All rights reserved.