×
By
fashionsnap
掲載日
2021/03/18
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

「ステラ マッカートニー」キノコ由来の人工レザーでアパレルを製作

By
fashionsnap
掲載日
2021/03/18

「ステラ マッカートニー(STELLA McCARTNEY)」が、キノコが原料の人工レザー「マイロ™️(Mylo™️)」を用いたアパレル2型を発表した。マイロで衣服を製作するのは世界で初めて。今回発表したアイテムは非売品だが、今後のコレクションでマイロ™️素材のアイテムを取り入れていく予定だという。

 マイロ™️はカリフォルニア州エメリーヴィルに拠点を置く企業ボルト・スレッズ(Bolt Threads)が開発した素材で、キノコの菌糸体からできている。ステラ マッカートニーとボルト・スレッズは2017年からパートナーシップを締結しており、2018年にはマイロ™️素材で製作したアイコンバッグ「ファラベラ(Falabella)」をロンドンのヴィクトリア&アルバート博物館で展示した。
 今回発表したアイテムはブラックのビスチェトップと機能性に優れたパンツの2種類。リサイクルナイロンの上に菌糸体ベースの素材を重ねた生地で、スポーティなスタイルに仕上げた。ロンドンのアトリエで手作業で製作したという。

Copyright © 2021 Fashionsnap. All rights reserved.