「ステラ・マッカートニー」、LVMHグループが新たなパートナーに

 昨年ケリング(Kering)と袂を分かった「ステラ・マッカートニー(Stella McCartney)」だが、この度LMVHグループがブランドと新たに手を組むことで合意した。ステラ・マッカートニー自身はクリエイティブディレクター兼アンバサダーとしてブランドに引き続き関わっていき、過半数株も保持する。また、それとは別に、ベルナール・アルノー(Bernard Arnault)会長兼CEOや取締役会メンバーに対し、サステナブルに関する特別顧問としての役職も兼任する予定だ。

コレクションを見る
Stella McCartney - Spring-Summer2020 - Menswear - Milan - © PixelFormula

 「ブランドのワールドワイドな発展を加速し、サステナビリティとエシカルなファッションに対する長期的な取り組みを続けていく」ことが今回のパートナーシップの目的だという。
 
 ベルナール・アルノー会長兼CEOは、「これから素晴らしいストーリーを共に作り上げていく。我々は彼女のメゾンに、長く続く大きな可能性を見出している。決め手となったのは、非常に早い段階でサステナビリティや倫理的な問題を中心に据えたアプローチを行っていたパイオニアであるという点だ。グループのサステナビリティに対する取り組みを強化してくれるだろう」とコメント。
 
 ステラ・マッカートニーも、「2018年3月に『ステラ・マッカートニー』ブランドの全株式を買い戻すと決めましたが、その後様々な企業からオファーがありました。しかし、中でも一番意義深い話合いとなったのが、ベルナール・アルノーとご子息アントワーヌとのものだったのです。『ステラ・マッカートニー』ブランドに対する彼らの情熱や、サステナブルなラグジュアリーファッションで世界をリードしていくという意気込みには心を動かされました」と述べており、「ローンチ以来ブランドは様々なことを成し遂げてきましたが、LVMHとの新たなパートナーシップはその賜物だと思っています。しかし、これは始まりに過ぎません。素晴らしい未来を共に歩めることを楽しみにしています」と喜びを表明した。

 

不許複製・禁無断転載
© 2019 FashionNetwork.com

ファッション - ウェアファッション - アクセサリー・雑貨ファッション - シューズラグジュアリー - その他ビジネス
新規登録