×

「スワロフスキー」が新クリエイティブディレクターにジョバンナ・バッタリア・エンゲルバート起用、全部門を監督

By
fashionsnap
掲載日
2020/05/22
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

 「スワロフスキー(Swarovski)」が、初の全社的なクリエイティブディレクターにジョバンナ・バッタリア・エンゲルバート(Giovanna Battaglia Engelbert)を任命した。

Swarovski


 同ブランドのクリエイティブデイレクターは、これまで一般消費者向けの事業部のみを担当していたが、ジョバンナの就任から体制を刷新。クリエイティブディレクターが一般消費者向けに加えて、B2B向けのプロフェッショナル事業部など全ての事業を監督する。また、新体制に伴い全ての部門の製品のポートフォリオを再考するという。

 ジョバンナは、クリエイティブディレクターやエディター、ファッションコンサルタントとして20年以上のキャリアを持ち、2016年からスワロフスキーのB2B部門のクリエイションを担当してきた。ジョバンナが手掛けるファーストコレクションは2021年春夏シーズンに披露される。

Copyright © 2020 Fashionsnap. All rights reserved.