×
By
fashionsnap
掲載日
2020/07/20
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

「セシルマクビー」が年内で全店舗閉鎖、ライセンス事業として継続へ

By
fashionsnap
掲載日
2020/07/20

 ジャパンイマジネーションが、「セシルマクビー(Cecil McBee)」など一部展開ブランドについて年内を目処にECを含む店舗事業から順次撤退すると発表した。グループ事業の再構築によるもので、今後はライセンス事業として継続する。

リブランディングにあわせて刷新したロゴ - Image: Fashionsnap.com


 同社は、新型コロナウイルスによる生活様式や消費行動、消費者の価値の変化に対応するため事業の再構築を決めたという。店舗事業から撤退するのはセシルマクビーのほか、「エージープラス(A.G.Plus)」「ビーラディエンス(Be Rardiance)」「ルモアーズ(Rumor.s)「ファビュラス アンジェラ(Fabulous Angela)」「ソフィラ(Sophila)」、そして昨年デビューしたばかりの「カシェック(Cachec)」の6ブランドで、セシルマクビーの43店舗を含む80〜90店舗を順次閉店する。

 今後は、コロナ禍でも業績が堅調に推移している「アンクルージュ(Ank Rouge)」「ジェイミー エーエヌケー(Jamie ank)」「デイシー(Deicy)」を子会社のスタニングルアー社に集約し、「スタニングルアー(Stunning Lure)」を含む4ブランドについて店舗とECの両軸で事業発展に注力するという。なおジャパンイマジネーショングループは今回の事業再構築に伴い、希望退職者を募集するなど人員整理を進めているという。

 セシルマクビーは1980年代にデビュー。渋谷109のショップはクリアランスセールで客が殺到する人気店となり、カリスマ店員も輩出するなど「ギャルブランドの王道」として10〜20代から支持を得た。2017年には「ギャル」というワードがネガティブに捉えられた時代背景からブランドコンセプトを「モテ服No.1」に刷新し、リブランディングを実施。2019年には「今の私にちょうどいい」を新たなコンセプトに掲げて再びリブランディングしたばかりだった。

 

Copyright © 2021 Fashionsnap. All rights reserved.