×
掲載日
2019/12/03
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

「セリーヌ」、メンズの単独ランウェイを休止か

掲載日
2019/12/03

 「セリーヌ(Celine)」が、来シーズンのメンズ単独ランウェイを休止するという。複数の関係者筋が話した。

Celine


  昨年1月のパリでは、ブランド史上初となるメンズコレクションをランウェイで披露し、その後7月にも2シーズン目を発表していた「セリーヌ」。来年はメンズのショーをスキップし、2月のウィメンズ期間中に男女混合でのランウェイを行う。1月のメンズシーズンには、プレコレクションのプレゼンテーションが予定されている。
 
 エディ・スリマン(Hedi Slimane)がローンチしたメンズコレクションは、立ち上げ当時のバイヤーからの反応は上々だった。しかし最近の売上は芳しくないようで、パリのメンズ専門ショップへの客足も十分ではないという。

 メンズのランウェイを休止するという噂はすでにあり、今年10月の「セリーヌ」新工場開業記念でもその話が出た。セヴリーヌ・メルル(Séverine Merle)CEOは、質問に対し「噂に対してはコメントしません。メンズにもウィメンズにも高い目標を掲げています」と答えていた。今回改めて本紙が取材したところ、広報担当者は「そうした情報は把握していない」とのことだった。
 
 ちなみに、最近ではフレグランスライン「Haute Parfumerie」やライフスタイルアクセサリーコレクション「メゾン セリーヌ(Maison Celine)」も展開を開始し、パリにフレグランス専門店を開くなど手を広げている。
 
 メゾンは2018年度に10億ユーロ(約1205億8700万円)近い売上高を計上しており、5年間で倍増させることを目指す。

 
(2019年現在、1ユーロ=121円で換算)
 

不許複製・禁無断転載
© 2021 FashionNetwork.com