×
562
求人
keyboard_arrow_left
keyboard_arrow_right

「ゾフ」が初の眼鏡型ルーペでシニア市場に本格参入、伊勢丹新宿店で先行発売イベント開催

By
fashionsnap
掲載日
today 2019/01/15
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

 「ゾフ(Zoff)」が、初の眼鏡型ルーペ「ゾフデカ(Zoff Deca)」を製作した。1月23日から2月19日まで、伊勢丹新宿店本館4階=イーストパークで「ゾフ ポップアップショップ(Zoff Pop-Up Shop)」を出店し、先行発売を行う。一般発売は今春を予定している。

ゾフデカ - Image: ゾフ


 「ゾフデカ」には揺れ歪みが少なく、長時間の使用でも疲れにくい非球面設計の光学レンズを採用し、汚れや反射を防止するコーティングを施した。重さは約30gで、ノーズパッドを着脱可能にしたほか、ノーズパッドレンズを大きめにするなど使いやすさを追求した。拡大率は1.6倍と1.8倍の2タイプで、単色をはじめ、バイカラーやレオパード柄を6種類ずつ展開。いずれも税別7,000円で販売される。同社は今回の発売を機に、シニア向け商品の市場に本格的に参入するという。
 
 先行発売では、1.6倍のタイプの6種類を用意。そのほか「ゾフ スマート(Zoff Smart)」や春夏シーズンへ向けた紫外線対策のアイテムなどの新作を展開する。

 

Copyright © 2019 Fashionsnap. All rights reserved.