×
掲載日
2017/03/21
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

「タクーン」一時休止 "see now, buy now"切り替えに伴い再編成進める

掲載日
2017/03/21

 タクーン・パニクガル(Thakoon Panichgul)のブランド「タクーン」が一時休止し、再編成を進めるという。数ヵ月前、ショー直後にコレクションを発売する"see now, buy now"形式の導入を発表したばかりだった。

Thakoon Panichgul


 即売形式に移行するにあたっては、シーズン中のバイイングが必要になってくる。「タクーン」の主要出資会社である香港のブライトフェイムファッション(BrightFame Fashion)は、ブランド再編成の必要性をそう説明した。
 
 「こうしたビジネスモデルに小売業界の現状はまだ追いついていない。そこで、最終的な再編成のため、一旦休止することを決めた」とブライトフェイムファッションの広報担当。

 「タクーン」は昨年9月から、ランウェイコレクションを即売する"see now, buy now"に切り替えている。それに伴い、直接小売に集中する新しいモデルを導入、卸売を取り止めた。ランウェイショーの後、一般消費者はすぐにブランドの公式ECサイトや直営店舗で最新のコレクションを手に入れることができるというシステムだ。
 
 レディライクな「タクーン」のデザインは、アナ・ウィンター(Anna Wintour)、ミッシェル・オバマ(Michelle Obama)、サラ・ジェシカ・パーカー(Sarah Jessica Parker)の支持を受けてきた。2004年に設立した「タクーン」は、06年にCFDAスワロフスキーアワード(CFDA Swarovski Award)のベストウィメンズウェアデザイナー部門を受賞している。
 

不許複製・禁無断転載
© 2021 FashionNetwork.com