×
掲載日
2020/06/17
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

「ダイアン フォン ファステンバーグ」が大半の従業員を一時解雇 デジタルと中国に注力へ

掲載日
2020/06/17

 ニューヨークを拠点とする「ダイアン フォン ファステンバーグ(Diane von Furstenberg)」が、大半の従業員を一時解雇したほか、ニューヨークの1店舗を残した全ショップを閉鎖する予定だと複数のメディアが報じた。今後はデジタルと中国市場に注力していくという。

Diane Von Furtensberg - Spring-Summer2016 - Womenswear - New York - © PixelFormula


 ブランドは新型コロナウイルスの流行に打撃を受けたものの、それ以前から業績不振が続いていた。
 
 昨年4月にはサンドラ・カンポス(Sandra Camois)をCEOに迎えるなどデザイン面だけでなく経営陣にも変化があったものの、報道によればカンポスCEOも退任したとされている。

 「ダイアン フォン ファステンバーグ」は先月、ロンドン店の閉鎖と英国子会社DVF Studio UKの破産申請が決定したばかりだ。
 
 

不許複製・禁無断転載
© 2021 FashionNetwork.com