「ディオール」メンズ、プレフォールコレクションはマイアミで発表

 「ディオール(Dior)」メンズの2020年プレフォールコレクションは、12月3日にマイアミで行われるショーで披露される予定だ。具体的な会場はまだ発表されていないが、現代アートフェア「Art Basel in America at Miami Beach」オープニングの2日前にあたるとの説明があった。

Dior Homme - © PixelFormula

 アーティスティックディレクターのキム・ジョーンズ(Kim Jones)はアートと縁が深いことでも知られ、2020年春夏のランウェイではアメリカの彫刻家ダニエル・アーシャム(Daniel Arsham)とタッグを組んだほか、2019-20年秋冬コレクションにはレイモンド・ペティボン(Raymond Pettibon)を招いた。
 
 また、昨年東京で行ったプレフォールショーでは空山基と協業したこともあり、今回の「Art Basel Miami Beach」開催というタイミングにも注目が集まる。
 
 「アメリカは、クリスチャン・ディオール(Christian Dior)がフランスに次いで成功を掴んだ地でもある。彼が50年代のアメリカで行ったプロジェクトが、このプレフォールコレクションのベースとなった」とキム・ジョーンズ。
 
 ブランドにとっても重要な国であるアメリカで、メゾンは創業者であるクリスチャン・ディオールへのオマージュを捧げたいとも述べている。「(ムッシュ・ディオールは)1947年にアメリカでツアーを行いました。初のランウェイショーからわずか数ヵ月後のことです。今回のイベントは、メゾンとアメリカ大陸との長い結びつきを祝福し、それを強化するものとなります」。

 

不許複製・禁無断転載
© 2019 FashionNetwork.com

ファッション - ウェアファッション - アクセサリー・雑貨ファッション - シューズラグジュアリー - ウェアラグジュアリー - アクセサリー・雑貨ラグジュアリー - シューズファッションショー
新規登録