×
562
求人
keyboard_arrow_left
keyboard_arrow_right

「トモ コイズミ」がNYで2回目のショー、1人7変化でドラマチックな演出

By
fashionsnap
掲載日
today 2019/09/08
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

 日本を拠点に活動する衣装デザイナー小泉智貴が手掛ける「トモ コイズミ(Tomo Koizumi)」がニューヨークの現地時間9月7日、2020年春夏コレクションを発表した。ニューヨークファッションウィークでの新作発表は前シーズンに続き2回目。

公式インスタグラムより


 ショーは前回と同じく「マーク ジェイコブス(Marc Jacobs)」のマディソンアベニュー店で行われた。前回はベラ・ハディッド(Bella Hadid)など人気モデルらの出演で話題を集めたが、今回の出演モデルはアリエル・ニコルソン(Ariel Nicholson)1人。売り場スペースの一角をステージに見立て、モデルが黒子のようなフィッターたちによってステージ上で衣装チェンジを行いながら、7着のドレスが披露された。モデルはリボンがあしらわれたカラフルなオーガンザのラッフルドレスをまとい、優雅に舞ったり飛び跳ねたりするなど、ドラマチックなパフォーマンスでドレスの持つ世界観を表現した。
 
 小泉智貴は1988年生まれ。国内アーティストなどの衣装デザインを手掛けていたところ、大御所スタイリストのケイティ・グランド(Katie Grand)に見出されたのがきっかけで、2019年秋冬シーズンのニューヨークファッションウィークでデビュー。続く今シーズンもグランドがスタイリングを担当したほか、パット・マクグラス(Pat McGrath)やグイド・パラウ(Guido Palau)など著名アーティストが再集結し、コーンヘアとグラマラスなメーキャップで、印象的なルックを完成させた。また、デザイナーのマーク・ジェイコブス(Marc Jacobs)はインスタグラムで「私たちの店でショーを行い、たくさんの喜びを広めてくれてありがとう」とコメントしている。

 

Copyright © 2019 Fashionsnap. All rights reserved.