×
By
fashionsnap
掲載日
2021/05/26
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

「トラサルディ」のクリエイティブディレクターにGmbHの2人が就任、2022年秋冬から

By
fashionsnap
掲載日
2021/05/26

 「トラサルディ(TRUSSARDI)」が、新クリエイティブディレクターにベルリン発のブランド「ゲーエムベーハー(GmbH)」の創業者であるセルハト・イシック(Serhat Işık)とベンジャミン・アレクサンダー・ヒュズビー(Benjamin A. Huseby)を起用すると発表した。イシックとヒュズビーによるファーストコレクションは2022年秋冬シーズンを予定する。



 トラサルディは、ダンテ・トラサルディ(Dante Trussardi)が1910年に創業。ブランド100周年にあたる2011年にウミット・ベナン(Umit Benan)をクリエイティブディレクターに迎え、2012年春夏シーズンから4シーズンにわたりメンズとウィメンズの両ラインを手掛けた。2013-14年秋冬シーズンに退任後、2014年春夏シーズンから創業者のひ孫にあたるガイア・トラサルディ(Gaia Trussardi)がコレクションを手掛けていたが、2018年に同職を辞した。

 新クリエイティブディレクターのイシックとヒュズビーは2016年にゲーエムベーハーを設立。同ブランドは今後も継続する予定だという。トラサルディでCEOを務めるSebastian Suhlは「イシックとヒュズビーは、トラサルディにユニークで力強いヴィジョンをもたらすでしょう。モダンで責任あるライフスタイルの発信を意識し、彼らと共に新たな旅を始めることを心から楽しみにしています」とコメントした。

Copyright © 2021 Fashionsnap. All rights reserved.