「ナイキ」のアプリが最適なシューズのサイズを提案する新機能追加へ、数秒で採寸が可能

 「ナイキ(Nike)」がアメリカ現地時間5月9日、公式アプリの「Nike app」でAIなどを活用して最適なシューズのサイズを提案する新機能「Nike Fit」を追加すると発表した。

「Nike Fit」イメージImage: ナイキ

 同ブランドによると、商品購入者の約60%の人がサイズが合わない靴を履いており、北米市場においては年間約100万人が間違ったサイズの靴を購入してしまうことについて不満を漏らしているという。Nike Fitの提供に際し同ブランドは、人工知能をはじめ、コンピュータビジョンやデータサイエンス、機械学習および推奨アルゴリズムの独自の組み合わせた新しいスキャン方法を開発した。
 
 新機能では、スマートフォンのカメラで足を撮影すると数秒で両足の形を13のポイントから採寸。スキャンデータを会員情報に登録しておくことで、オンラインとオフラインでの商品購入時に、アプリが最適なシューズのサイズを提案する。ゲストモードを利用すると会員本人以外のサイズデータを保存できるため、家族や友人用の商品の購入時にも活用できる。7月にアメリカ国内で提供を開始し、順次エリアを拡大する。

 

Copyright © 2019 Fashionsnap. All rights reserved.

ファッション - シューズスポーツメディア
新規登録