×
掲載日
2018/11/16
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

「ナイキ」、NYに新コンセプト「House of Innovation」旗艦店オープン

掲載日
2018/11/16

  「ナイキ(Nike)」は、新コンセプト「House of Innovation」を掲げた旗艦店をニューヨーク5番街にオープンした。


 6階建て約6300平米のフロア面積を誇る新旗艦店では、メンズ、ウィメンズ、キッズのアパレルやフットウェアなど、様々なカテゴリの商品を横断的に扱う。
 
 1階フロアにはニューヨークでのベストセラー商品を揃えた「Nike Speed Shop」を設けるほか、シーズン毎のスニーカーを販売する「Nike Sneaker Bar」も。さらにアプリから予約した商品を受け取って支払いまで即時に済ませることができるデジタルロッカーを併設する。

 4階には「Nike Sneaker Lab」、5階には「Nike +」メンバーが"エキスパート"によるアドバイスを受けられる「Nike Expert Studio」、そして限定商品やカスタマイズオプションなどが選べる「Nike by You」コーナーを設置した。

Nike Expert Studio - Via Nike


 オンラインとオフラインのプラットフォームを繋ぐ試みとして、デジタルロッカーの他も店舗のディスプレイにある商品を購入できる「Nike Shop the Look」、店のどこからでも支払いができる「Nike Instant Checkout」、さらに店舗内の商品の試着をリクエストできる「Nike Instant Scan to Try」機能も追加されている。
 
 「『Nike NYC』はパーソナルかつデジタル連動型のダイナミックな店舗になっている。消費者は『ナイキ』ブランドの世界に浸り、本物の繋がりを感じられるだろう」とナイキ ダイレクト(Nike Direct)の Heidi O’Neill社長。

 

不許複製・禁無断転載
© 2021 FashionNetwork.com