「バリー」新アーティスティックディレクターはシャネルスタジオから

 シャネル(Chanel)傘下のニットブランド「バリー(Barrie)」が、新アーティスティックディレクターにシャネルスタジオに所属しているオーギュスタン・ドルマイヨ(Augustin Dol-Maillot)を起用した。

オーギュスタン・ドルマイヨが手掛けた「バリー」の2019年春夏コレクション - Image: Barrie
 
 オーギュスタン・ドルマイヨは1989年生まれ。LISAAの美術学校を卒業後、シャネルスタジオにアシスタントとして入社し、現在スポーツウェアアクセサリー部門に所属している。バリーで初めて手掛けた2019年春夏コレクションでは、ロゴやアサミのステッチ、多様なカラーパレットといったブランドの特徴を強調し、コットンやシルクなどとミックスして仕上げたカシミヤ素材のアイテムを発表した。
 
 バリーはスコットランドで1903年に設立。高級カシミヤの製作に特化し、数十年にわたって様々なメゾンのカシミヤニットを手掛けてきた。2012年にはシャネルによって買収され、2014年に同社の名を冠したブランドを立ち上げた。

 

Copyright © 2019 Fashionsnap. All rights reserved.

ファッション - ウェアラグジュアリー - ウェア人事
新規登録