×
By
fashionsnap
掲載日
2021/05/26
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

「パルファム ジバンシイ」のニコラ・ドゥジェンヌが退任、20年以上クリエイションを牽引

By
fashionsnap
掲載日
2021/05/26

 「パルファム ジバンシイ(PARFUMS GIVENCHY)」が、メイクアップ・アンド・カラー・アーティスティック・ディレクターのニコラ・ドゥジェンヌ(Nicolas Degennes)が6月30日をもって同職を退任すると発表した。1999年の就任以来、20年以上チームを率いてきた。



 ニコラは「ジバンシィ(GIVENCHY)」創始者のユベール・ド・ジバンシィから多大なインスピレーションを受け、メゾンのアイコニックな「4G」ロゴをメーキャップ製品にも取り入れたほか、4色入りのフェイスパウダー「プリズム・リーブル」や、ブラシの先端を球体にしたマスカラ「フェノメン・アイズ」といった革新的な商品を生み出した。
 パルファム ジバンシイの CEOを務めるロマン・スピッツァーは、「ニコラに向けて、個人的な感謝の言葉を贈りたいと思います。20年におよぶ創意工夫に満ちたクリエイション、そしてジバンシィのメーキャップラインの成功に果たした多大な貢献に謝意を表します。メゾンのチーム一同が私と思いを等しくし、彼のこれからの活躍に心からの熱いエールを送ります」とコメント。ニコラは、「これから新たな道を模索するにあたり、長きにわたってメーキャップラインの成功をサポートしてくれた方々に感謝の意を表します。常に大きな信頼感で結ばれたメゾンのマーケティングチームとは、喜びにあふれた協同体制を全うすることができました。ラボラトリーチームとも、常に緊密な関係をベースとしたクリエイションに取り組むことができました。最後に、20年間という長きにわたって、信頼とともにサポートしてくれたLVMHグループに、心からの感謝の意を表します」と話している。

Copyright © 2021 Fashionsnap. All rights reserved.