「ビズビム」、LA初の旗艦店「Visvim Exposition」オープン 新ラインの限定ローンチも

 中村ヒロキ手掛ける「ビズビム(Visvim)」が7月21日、アメリカで2店舗目となる旗艦店をロサンゼルスにオープンする。

Image: Visvim

 LAの旗艦店「Visvim Exposition」では、「ビズビム」、ウィメンズブランド「WMV」、そしてコンセプトショップ「F.I.L. Indigo Camping Trailer」からの商品を販売するほか、新ライン「Contrary Dept」もローンチし、全てのコンテンツを横断的に揃えたギャラリーのような空間になるという。今後は自社ブランドだけでなく「人」や「モノ」を紹介する場も設置する。

新ライン「Contrary Dept」のジャケット - Image: Visvim

 同店限定で発売する新ライン「Contrary Dept」は、ユーティリティウェアを一度解体し、独自に再解釈したコレクションを展開。ライナーベストとライナージャケット、グリース・モンキージャケットにカモ柄のハットとバッグといったアイテムの画像が公開されている。
 
 「ビズビム」は現在、日本に7店舗、海外に1店舗を展開しており、今回の出店が9店舗目となる。また、ロサンゼルスには5月19日からポップアップショップ「WMV Visvim Brentwood」もオープンしているほか、昨年はニューヨーク・トライベッカで期間限定店を開設したことも。アメリカ初の店舗としては、ニューメキシコ州サンタフェに旗艦店が存在する。
 
 

不許複製・禁無断転載
© 2018 FashionNetwork.com

ファッション - ウェアファッション - アクセサリー・雑貨ファッション - シューズリテール
新規登録