×
掲載日
2019/06/25
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

「フェンディ」、クチュールランウェイをフォロ・ロマーノで開催

掲載日
2019/06/25

  「フェンディ(Fendi)」今シーズンのオートクチュールランウェイショーをフォロ・ロマーノで開催する。「Dawn of Romanity」と名付けられたイベントは、故カール・ラガーフェルド(Karl Lagerfeld)へオマージュを捧げたものになる。

The Roman Forum


  7月4日に披露されるコレクションは計54ルックで構成し、600人近いゲストがパラティーノの丘に集う予定だ。
 
 また、メゾンはウェヌスとローマ神殿の修復工事に250万ユーロ(約3億400万円)を投じて支援する計画も表明している。2013年にはトレビの泉の修復にも資金を提供した。

 「オートクチュールのショーをローマで行うことが、カール・ラガーフェルドと『フェンディ』、そしてこの街を祝福する最高の方法だと考えています。我々のルーツや大胆なクリエイティビティ、すばらしい技を披露する絶好の機会です。パラティーノの丘は『フェンディ』の伝統と歴史を体現する理想的な会場となるでしょう。ウェヌスとローマ神殿の修復支援についても誇らしい気持ちです。ローマやイタリアにとどまらず、世界中の文化遺産をサポートしていきたいと思います」と「フェンディ」のセルジュ・ブランシュウィッグ(Serge Brunschwig)CEO。
 
 

不許複製・禁無断転載
© 2021 FashionNetwork.com