×
By
fashionsnap
掲載日
2020/09/16
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

「プラダ」ラフ・シモンズ加入後初のコレクションを9月24日に発表へ オンラインで生配信

By
fashionsnap
掲載日
2020/09/16

 「プラダ(Prada)」が、ラフ・シモンズ(Raf Simons)を共同クリエイティブ・ディレクターに迎え初のシーズンとなる2021年春夏ウィメンズコレクションを、日本時間9月24日21時に発表する。

ミウッチャ・プラダとラフ・シモンズ - Image: Prada


 ラフ・シモンズは、ミウッチャ・プラダ(Miuccia Prada)とともにプラダの共同クリエイティブ・ディレクターに4月2日付けで就任。ラフとミウッチャは、クリエイティブ面と意思決定において同等の責任を担うという。2人による初のコレクション発表には大きな注目が集まっている。コレクションの映像は、プラダのSNSアカウントおよび公式サイトで同時配信する。

 ラフ・シモンズは1968年ベルギー生まれ。2005年から2011年まで当時プラダ・グループの傘下だった「ジル サンダー(JIL SANDER)」でメンズとウィメンズのクリエイティブ・ディレクターを務めた経験を持つ。その後「ディオール(DIOR)」、そして「カルバン・クライン(CALVIN KLEIN)」のチーフクリエイティブオフィサーとしてディレクター職を歴任。2018年に前職を退任してからは自身のブランド「ラフ・シモンズ(RAF SIMONS)」に注力していた。なお、自身のブランドは今後も継続していく予定だという。
 

Copyright © 2021 Fashionsnap. All rights reserved.