×
27
求人
L'OREAL GROUP
Japan Product Manager (Active Cosmetics Division, la Roche-Posay)
正社員 · Tokyo
L'OREAL GROUP
Japan Data Strategy Director/Manager (Cdo)
正社員 · Tokyo
PUMA
Content Management Manager, E-Commerce
正社員 · Tokyo
NIKE
HR Manager
正社員 · Tokyo
LULULEMON
Educator Factory Outlet | Gotemba Premium Outlet
正社員 · Shizuoka
LULULEMON
Educator | Add Store Name Here
正社員 · Tokyo
L'OREAL GROUP
Japan E-Commerce Customer Care Agent
正社員 · Tokyo
L'OREAL GROUP
Japan Finance Accountant
正社員 · Tokyo
L'OREAL GROUP
Japan Consumer Market Intelligence Researcher
正社員 · Tokyo
L'OREAL GROUP
Japan Digital & Social Specialist (Cdo)
正社員 · Tokyo
L'OREAL GROUP
Japan Oms(Order Management System) Expert
正社員 · Tokyo
PUMA
E-Commerce, Content Management
正社員 · Tokyo
NIKE
Senior Director, Nddc And Connected Marketplace - Japan
正社員 · Tokyo
NIKE
Sports Marketing Account Specialist
正社員 · Tokyo
NIKE
Talent Acquisition Manager, Japan
正社員 · Tokyo
NIKE
Japan - App Localization Specialist
正社員 · Tokyo
BEAUTYSTREAMS
Seeking Social Media & Product Bank Interns Japan Related Content
インターン · TOKYO
L'OREAL GROUP
Japan cx Manager / Specialist
正社員 · Tokyo
PUMA
Data Analyst, Puma Japan Ecommerce
正社員 · Tokyo
LULULEMON
Educator (Part Time) | Tokyo Roppongi Hills
正社員 · Tokyo
LULULEMON
Educator (Full Time) | Tokyo Roppongi Hills
正社員 · Tokyo
LULULEMON
Educator | Ginza Six
正社員 · Tokyo
掲載日
2015/09/16
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

「プルミエール・ヴィジョン」、サステナブルな発展に関するイニシアチブ「Smart Creation」を発表

掲載日
2015/09/16

 パリで開催中のテキスタイル展示会「プルミエール・ヴィジョン(Première Vision)」は、サステナブルな(持続可能な)発展に関するイニシアチブ、「スマートクリエーション(Smart Creation)」を発表した。展示会中、イタリアファッション協会(Camera della Moda)とイギリスファッション協会(British Fashion Council)の会長を迎えた対談が開かれ、そこで明らかになった。


 出展者を対象に行うアンケートを通じて、各企業が、様々な製造過程においてどれだけサステナブルな方法を導入しているか、といったデータを集める。これは各社の意識を高めるだけでなく、現在行っている製造方法を再評価するきっかけにもなるという。往々にして、顧客に対して効果的な見せ方ができていない場合があるからだ。
 
 「消費者、つまり決定権を持っている側の人々というのは、常に企業の責任に敏感で、サステナブルであることを要求する」と「プルミエール・ヴィジョン」のマーケティング・ディヴェロップメントディレクター、シャンタル・マリングレー(Chantal Malingrey)氏。「また、サステナビリティというテーマは、クリエイティビティとイノベーションにも繋がる問題だ」。

 2000社以上にアンケートを実施し、現在運営側は回答を待っているところだ。ねらいは、製造業者の「スマートファクト(Smartfacts)」を集めること。特に、製造過程の誠実さや透明性、あるいは製造環境などに注目する。
 
 一方で、「大きなエコロジームーブメントを起こすつもりはない」とマリングレー氏は付け足す。「プルミエール・ヴィジョン」の運営陣は、サステナブルな製造システムを求める団体から定期的にこの手の質問を受け取るという。プルミエール・ヴィジョン社のフィリップ・パスケ(Philippe Pasquet)は、これはちょっとした「ガジェット」の類であって、プロジェクトの域には至らないと回答している。
 
 告知の場には、イタリアファッション協会会長のカルロ・カパサ(Carlo Capasa)氏が同席していたが、彼自身、衣類に使用する化学物質に関する規定を定める方針を就任直後に発表している。これには、「グッチ(Gucci)」、「プラダ(Prada)」、「ヴァレンティノ(Valentino)」、「ヴェルサーチ(Versace)」などイタリアの大手ブランド10社近くが賛同した。

 

不許複製・禁無断転載
© 2021 FashionNetwork.com