×
532
求人
L'OREAL GROUP
Japan Product Manager (Luxe, Ysl)
正社員 · Tokyo
コンデナスト・ジャパン
Vogue Digital Advertising
正社員 · 東京都
コンデナスト・ジャパン
Corporate Branding Manager (or Senior Manager)
正社員 · 東京都
FENDI
Supply Chain & Logistics Director
正社員 · 東京都
バーバリー・ジャパン株式会社
Customer Fulfillment Assistant Manager 募集
正社員 · 東京
FENDI
Digital Marketing Manager
正社員 · 東京
SHIPS
商品ロジスティック部門 物流担当スタッフ
正社員 · 東京
ヴァンドーム青山
リーフレット・ノベルティ・パッケージ等販促物の企画制作(正社員)
正社員 · 東京都
TRIUMPH
Senior Digital Marketing Manager
正社員 · 東京都
TRIUMPH
Head of E-Commerce & CRM Japan
正社員 · 東京都
TRIUMPH
Sales Representative
正社員 · 東京都
TRIUMPH
Senior Brand Merchandising Manager
正社員 · 東京都
TRIUMPH
Merchandising Specialist
正社員 · 東京都
COACH
Manager, Retail Customer Engagement
正社員 · 東京都
COACH
Assistant Manager, Talent Cquisition
正社員 · 東京都
BAYCREW'S GROUP
バイヤー(レディース/Noble)
正社員 · 東京
BAYCREW'S GROUP
バイヤー(レディース/Plage)
正社員 · 東京
ADIDAS
Manager, Group Procurement
正社員 · 東京都
BAYCREW'S GROUP
マーケティングプランナー
正社員 · 東京
SHIPS
海外インポート・バイイング商品の輸入管理 担当スタッフ
正社員 · 東京都
SHIPS
Ships Any(新業態) Mensバイヤー担当
正社員 · 東京都
BAYCREW'S GROUP
人事労務担当
正社員 · 東京都

「ヘルムート ラング」、マーク・ハワード・トーマスがクリエイティブディレクター退任 「ラコステ」へ

掲載日
today 2019/10/17
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

 「ヘルムート ラング(Helmut Lang)」のクリエイティブディレクター、マーク・ハワード・ト―マス(Mark Howard Thomas)が、就任から2年で退任することがわかった。その後パリへ戻り、「ラコステ(Lacoste)」でルイーズ・トロッター(Louise Trotter)」のチームへ参画。10月21日付でメンズファッションショー・グローバルコラボレーションディレクターに就任する。

Mark Howard Thomas - DR


 先月のニューヨークファッションウィークで発表したコレクションでは、意外な素材使いでシャープなテーラリングを披露し、クールなダウンタウンスタイルで高い評価を受けたばかりだ。
 
 本人はインスタグラムとフェイスブックに、パリ・オルリー空港で大荷物を持って佇む自身の写真を投稿し、「パリへ帰ってきました(MHT has moved back to Paris.)」とコメントを添えていた。

 本紙に対して、トーマスは「ヘルムート ラング」を退任しパリにて新しい職に就くとだけ明かし、詳細に関しては伏せていた。しかし、「ラコステ」側は同氏の就任を認めている。
 
 「ヘルムート ラング」では、メゾンのコードを再構築し、19世紀ウィーン風ルダンゴトなど創業者のDNAをオーセンティックに蘇らせた。ヘルムート・ラングが使っていたモレスキンを使い、クラシックなレタリングにも立ち返った。
 
 ブランドの"駐在編集者"に選ばれた"駐在デザイナー"第一弾、「フッド・バイ・エアー(Hood By Air)」のシェーン・オリバー(Shayne Oliver)によるスペシャルコレクションは賛否両論を巻き起こし、一時は迷走している様子だった「ヘルムート ラング」。トーマスをデザイナーに迎え再び活気を取り戻しつつあると思われた矢先の出来事であるだけに、多くの疑問もわき上がる。
 
 メゾンには、マーク・ハワード・トーマスの他に、トーマス・クローソン(Thomas Crawson)がジーンズ部門のデザイナーとして携わっており、この9月に発表されたショーには両者が関わっていた。

Helmut Lang - Spring-Summer2020 - Womenswear - New York - © PixelFormula


   「ヘルムート ラング」の今後について質問したが、ブランドの広報担当者は現在のところ本紙の取材に応じていない。
 
 マーク・ハワード・トーマスは、「ジョゼフ(Joseph)」を経て「ヘルムート ラング」に入社し、2018年秋冬コレクションでデビューを果たした。アンドリュー・ローゼン(Andrew Rosen)CEOに直接リポートしていた。
 
 ロンドンの名門セントラル・セント・マーチンズ(Central Saint Martins)でマスターを取得した後、ミラノの「ニール・バレット(Neil Barrett)」でキャリアをスタートしたトーマス。パリでリカルド・ティッシ(Riccardo Tisci)時代の「ジバンシィ(Givenchy)」に関わった後、「ジョゼフ」のメンズウェアディレクターとしてロンドンへ移った。
 
 一方の「ヘルムート ラング」は、創業者ヘルムート・ラングが1977年にウィーンにて設立。86年にパリで初のショーを行うと瞬く間に評判となり、そのシャープなテーラリングと高機能素材の組み合わせが話題となった。90年代後半にはニューヨークへ拠点を移し、ヨーロッパのシーズン前にコレクションを発表することで業界に一石を投じている。アメリカのデザイナーたちもそれに続き、現在の形式となった。
 
 99年にプラダグループ(Prada Group)に事業を売り渡し、その2年後にはリンク・セオリー・ホールディングス(Link Theory Holdings)(現リンク・セオリー・ジャパン)がブランドを取得した。その後は8年間に渡りマイケル&ニコル・コロヴォス(Michal & Nicole Colovos)夫妻がデザインを手掛けた。ラング本人は現在事業に一切関わっておらず、ニューヨーク州ロングアイランドでアーティストとして活動している。
 
 

不許複製・禁無断転載
© 2020 FashionNetwork.com

こちらもどうぞ